FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

群馬~栃木の旅

10月の終わりの週末、群馬県と栃木県を旅しました。
赤城山麓から大沼に出ると、素晴らしい紅葉の広がり。
ナナカマド、ミズナラ、カエデが赤や黄色に染まり、さすがに北関東を代表する紅葉の名所ですね。

赤城神社で参拝。
定年後の健康と自身の頑張りを祈りました。

帰路は栃木市の蔵の町並みを見て宇都宮へ。
餃子を食べて、急いで回った小さな旅が終わりました。

2018111021003ewq.jpg

2018111021001ewq.jpg

201811100022ewq.jpg

2018111000213ewq.jpg
※スマホで撮影 赤城山、栃木市

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

スポンサーサイト
[ 2018/11/17 ] | TB(0) | CM(0)

花巻『麺房高松庵』暮坪そば

岩手県遠野市暮坪地区で栽培されている暮坪かぶを薬味として使う蕎麦屋さんです。
宮沢賢治記念館の近くにあります。
この店は漫画の『美味しんぼ』でも紹介されています。

さて、せっかくなので暮坪かぶを体験しようということで注文は『暮坪そば・竹』(1140円)。
薬味のかぶをたっぷりと入れ、いざ。

辛味大根ほど辛味は強くありませんが、爽やかな風味が良いですね。
そばは喉ごしも良く、思った以上に美味しいです。
上品な味です。
野菜の天ぷらもからりと揚がってサクサクでした。

食後、店主に暮坪かぶを見せてもらいました。
大根を小ぶりにしたような風体で、とても蕪には見えません。
ともあれ、幻のかぶのそばを食べることができてラッキーでした。

岩手各地でこれまでそばを食してきましたが、岩手のそばは特徴とてありませんが、それなりの水準はあるという印象です。
もっとも、わんこそばはまだ食べたことはありませんが、量はあたりまえですが、味も良ければ一度はチャレンジしたいと思います。

201811100014ewq.jpg

201811100015ewq.jpg

201811100016ewq.jpg

201811100017ewq.jpg

201811100018ewq.jpg

201811100019ewq.jpg

201811100020ewq.jpg
※スマホで撮影
※『麺房高松庵』岩手県花巻市高松第11地割172-1 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

釜石・橋野鉄鉱山~世界遺産を訪ねて

2015年に世界遺産に登録された岩手県釜石市にある橋野鉄鉱山を訪ねました。
紅葉が深まる山あいの斜面に、それはありました。
橋野鉄鉱山は安政5年(1858)から翌6年にかけて建設され、その後、南部藩が経営したもので、最古の洋式高炉跡として国の文化財(史跡)に指定されています。

鉱山跡を歩くと、巨大な石組の高炉跡や水車場跡、長屋跡が残ってました。
まだ発掘が続いているようで、冷たい雨が降る中を職員の方が作業をしておられました。

明治日本の産業革命遺産として、世界遺産に登録された価値ある遺跡です。
たくさんの人に見て欲しいですね。

20181110001ewq.jpg

20181110002ewq.jpg

20181110003ewq.jpg

20181110004ewq.jpg

20181110005ewq.jpg

20181110006ewq.jpg

20181110007ewq.jpg
※スマホで撮影
※橋野鉄鉱山/岩手県釜石市橋野町第2地割15 見学無料

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2018/11/15 ] | TB(0) | CM(2)

遠野『あんべ』ジンギスカンを堪能

岩手県遠野は知る人ぞ知る、ジンギスカンが人気のエリア。
昭和の初め、1930年くらいからこの地方には根付いていたそうです。

中でも『あんべ』さんは超人気店で、遠野のジンギスカンの発祥。
開店前から行列ができるほどの盛況です。
15分ほど待ってテーブルへ。
平日のランチタイムというのに、小学生くらいの子連れの親子もいます。
(学校、大丈夫なのかなぁ…)などと、変なおせっかいをしてしまいます。

一番人気のラムカタロース定食(1400円)を注文。
肉・野菜・ライス・スープ・漬物のセットで、ランチとしては十分なボリュームです。

ラム肉は臭みもなく柔らかいですね。
羊肉ということを忘れるくらいクセがありません。
玉ねぎも甘く、旨いです。
タレは辛味がありますが、肉によく合います。

ジュウジュー焼いて、ガツガツ食べて、北海道以来のジンギスカンを堪能しました。

20181110008ewq.jpg

20181110009ewq.jpg

201811100010ewq.jpg

201811100011ewq.jpg

201811100012ewq.jpg

201811100013ewq.jpg
※スマホで撮影
※『あんべ』岩手県遠野市早瀬町2-4-12 木休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

青森『康家』煮干しチャーシューメン

初訪店です。
煮干しラーメン王国の青森は奥が深いですね。
『康家』さん、この店の旨さはこれまで食べてきた青森の煮干ラーメンのなかでもピカイチです。

注文は『煮干しチャーシューメン』(中850円)。

スープは鳥取県境港産の真イワシの煮干しを中心に数種類をブレンドし、釧路産の真昆布の根っ子と干し椎茸で取ったもの。
すっきりとした甘味に、厳選された材料ならではの旨さが引き立ちます。

そして、麺はつるっとした感触とコシの強さ。
スープと麺のバランスが素晴らしいですね。
トッピングのバラ肉チャーシューもメンマも旨いです。
メンマは食べ放題というのも嬉しい。

立地は廃業したパチンコ屋の隣という悪さで、更にお店も狭いですが、お客はひっきりなしで途切れることがありません。
丁寧に作ったラーメンです。
久しぶりのヒットでした。

201811110011ew.jpg

201811110012ew.jpg

201811110015ew.jpg

201811110013ew.jpg

201811110014ew.jpg
※スマホで撮影
※『康家』青森県青森市小柳5-3-1 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台晩秋2018

今月いっぱいで仙台を去ることになりました。
5年9ヶ月、あっという間のようで長かった仙台暮らしでした。

雨上がりのいつもの公園を歩くと、足の踏み場もないほどの落ち葉のジュータンが。
この風景を6年近く見てきたんだ…。
満開の桜、新緑、紅葉、雪景色…。
いくつもの風景が脳裏に浮かんでは消えていく。

何もなくてつまらない街…
住んでみてから日増しにその思いが募ったけど、
ゆったりとした気持ちでいつも歩いていた公園は、自分にとっては間違いなく癒しの空間だった。
術後のリハビリもしたよなぁ。
そんなことを思うと、独りで悶々と過ごした仙台もまんざらじゃなかったかな…。

きっと、おそらく、帰ってから改めて北の街で過ごした楽しかった日々を思い出すんだろうね。

20181111009ew.jpg

20181111007ew.jpg

20181111008ew.jpg

201811110010ew.jpg
※スマホで撮影 仙台

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2018/11/12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

青森『原田製麺』焼そば

これまで何度も書いていますが、青森の隠れたB級グルメに焼そばがあります。
市内には焼そばを提供する店がなかりあるようです。
初訪店の『原田製麺』さんは製麺所に併設されたカウンタースペースで焼そばが食べられます。
“焼そば”の幟がなければ分からない店構えもそうですが、製麺所が片手間に焼そばを作っているという感じです。

並(350円)を注文。
思いっきりのボリュームに驚きですね。
二玉はあるでしょうか。
それにこの価格。
素晴らしい!!

さすがに製麺所の出来立ての麺だけあって、モチモチの感触が半端じゃありません。
中太麺は青森の焼そばの王道。
ちょっぴり辛いウスターソースは青森焼そばの定番ですね。

ワッセ、ワッセ、えっさ、えっさとひたすら掻き込みながら完食しました。

20181111003ew.jpg

20181111005ew.jpg

20181111004ew.jpg

20181111002ew.jpg

20181111006ew.jpg
※スマホで撮影
※『原田製麺』青森県青森市駒込字見吉169-1 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

山形『栄屋本店』冷しらーめん

季節外れとなりましたが、9月の終わりに冷しラーメンを食べてきました。
そばと並んで、ラーメンも人気の麺類王国・山形で、夏の定番といえば冷しラーメンです。
中でも『栄屋本店』さんは山形の冷しラーメンを牽引する人気店ではないでしょうか。

これまでに何度もリピしていますが、メニューを見ると冷しらーめんシリーズもたくさんあって賑やかです。
ここはいつもの定番、冷しらーめん(750円)を注文。

ビジュアルは、氷が浮かんだいかにも冷たそう。
これが良いんですね。

「つめた~い!」
「うま~い!」
何度も連発しながら、今年最後の冷しラーメンを堪能しました。

※過去レポはこちら
・山形『栄屋本店』冷やしラーメン
・山形『栄屋本店』冷やしらーめん

201811070010resa.jpg

201811070011resa.jpg

201811070012resa.jpg

201811070013resa.jpg
※スマホで撮影
※『栄屋本店』山形県山形市本町2-3-21 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ