FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

手帳をやめた

今日から仕事始め。
往復三時間の通勤がスタートしました。

ついひと月前まではそれこそ出張三昧で、疲れた体を引きずって、週末に単身赴任先のねぐらに帰る毎日でしたが、そんな生活も一変.。
出張もなくなり、飲み会もなくなり、毎日決まった時間に出社し、定時に帰宅するというこれといった変化もない規則正しい生活になりました。
手帳のスケジュールも埋まることはなく、空白ばかりとなれば…いっそのこと手帳なんぞいらないね~という結論に達した次第です。

…というわけで、今年は手帳を持つのをやめました。
もちろん、これまでこの時期になると必ず買っていた『高橋のビジネス手帳』は必要ありません。
ちょっとばかし寂しい気もしますが、割り切って考えると、何かから解き放たれたようで気分がいいですね。
今の仕事は毎日PCに向かって入力する単調な業務が中心なので、正直言ってあまり考えることもなく、手を動かしています。
もっとも目が疲れるので、餞別でもらったハズキルルーペが大いに役立っています。
責任というプレッシャーもなくなり、自分が目指す“どこ吹く風”のスタイルに近いカタチになりつつあります。

手帳も要らぬ、確認するスケジュールもなく、名刺も要らず(肩書きなしの名刺、支給されたけど)。
うっとうしく重い責任から解き放たれて、
長い通勤時間には思う存分、本が読めるし、
これで、仕事に慣れてくれば

最高ですね!!!笑

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

スポンサーサイト
[ 2019/01/07 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

本棚を自作する~家づくりは家族作り

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって、素晴らしい年になることをお祈りします。

さて、年末から年越しにかけて、かねてから計画していた本棚を作ってみました。
『清く正しい本棚の作り方』(戸田プロダクション)という本を参考に、慣れないDIYのスタートです。

材料はホームセンターでパイン材(190×20×1840)を6本購入し、カットしてもらいました。
今回作成する本棚は、既製の高さ1800×幅900×奥行230の本棚の上に乗せる、高さ680×幅900×奥行190の棚を2本です。
目指すは天井まで届く、壁一面本棚。
わずか三畳の書斎ですが、四方を本棚に囲まれた要塞のような、圧迫感というか存在感を放つイメージにしたいと思います。

寒いので作業は室内で。
カミさんに手伝ってもらい、電動ドライバーで穴を開け、ネジを締めたり、木工用ボンドで接着したり…組立て作業を楽しむこと4時間。
設計図通りに2本の本棚が完成しました。

『清く正しい本棚の作り方』では、ここから仕上げの研磨と刷毛による塗装作業となりますが、ずぼらな私は速乾性のスプレー塗料で一気に塗装を…。
シンナー臭を消すため二日ほどバルコニーに野ざらしにしました。

いよいよ設置。
思った以上に重いので、脚立に乗ってカミさんに支えてもらいながら設置。
寸分の狂いもなく、天井にすっぽりと収まりました。
L字金具を使って耐震処理をし、思い描いたレイアウト通りに設置した本棚はなかなかの出来栄え。

素人作業でしたが、大満足でした。

さて、さて、正月休みはあと二日残っているで、書斎作りを楽しみながら本を並べようと思っています。
空きスペースがたくさん出来たので、これから本の購入も楽しみが増えましたね。

“人の魂、本棚に宿る”といいますが、
10年前の本棚の写真に写っている背表紙を見ると、改めてその乱読傾向に赤面です。
棚から溢れた本は床に積み上げられ、六畳の書斎が足の踏み場もない状態になっていました。
しかし、引越しを繰り返すうちに数回にわたり本を処分したこともあり、現在は自分の好きなカテゴリーを中心とした棚になってきたと思います。

わずか三畳の限られたスペース。
何もしないと本はどんどん増殖します。
売るのはもちろんですが、時には思い切って捨てたりし、許容量を保ちながら活性化を図ることも本好きの楽しみであると思います。

ホームセンターでパイン材と背板用のベニヤを購入
20190104001ewq.jpg

今回の参考書は『清く正しい本棚の作り方』
20190104002ewq.jpg

けがき(線引き)に沿ってドリルで穴を開け、ネジ締めを
20190104003ewq.jpg

完成です。なかなかの出来栄え
20190104004ewq.jpg

スプレー塗料で塗装。見える部分だけ黒塗りします(完全に手抜き・笑)。
20190104005ewq.jpg

設置します。もちろん、L字金具で耐震対策を。
20190104006ewq.jpg

壁一面本棚の完成です!!なかなかの存在感。
20190104007ewq.jpg

20190104008ewq.jpg


参考までに、10年前の本棚です(汗)。乱読、乱雑、溢れかえっています(大汗)
20190104009ewq.jpg

なんとかしないと…

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

 

年の終わりのたわごと

早いものですね。
2018年が終わろうとしています。

改めまして、
当ブログにお越しいただいた皆様には、今年一年お世話になりました。
来年も良い年になることをお祈りします。

還暦を迎えた今年も様々なへまをやったし、新たな経験もしました。
まだまだ人生は山あり、谷ありですね。

…ということで、毎年恒例の【今年初めて経験したこと】を書いてみましょうか(笑)。

・初めて行った観光地…熊本県天草、群馬県赤城山、青森県岩木山神社、下北半島仏ヶ浦、宮城県鳴子温泉
・初めて食べたもの…佐野名物イモフライ、前橋の焼きまんじゅう、門司港の焼きカレー、阿蘇の赤牛丼、岩手県千厩のあんかけカツ丼、青森の貝焼き味噌、秋田のみそチャンポン、八戸の平目漬け丼
・『キュリアス』を観た
・還暦を迎え、定年となり、再雇用となった☆☆☆
・単身赴任が終了し、仙台から自宅に戻った
・自宅を建て替えた☆☆
・年末ジャンボ宝くじが当たった!(一万円だけど)☆

今年はいろんな意味でけじめの年となりました。
60歳を迎え、定年となり、さらに再雇用で名古屋勤務がスタートしました。半月が過ぎて、仕事も少しづつ慣れてきました。
還暦は通過点ですが、自分の人生にとっても転換点になったと思います。
これは間違いなく星3つですね。
次は何といっても自宅の建て替え。
ブログでもしつこく発信しましたが、自分が描いた間取りが実現できた感動はひとしおでした。
新居で迎える初めての正月ですが、満足できる住み心地です。
最後は、何といっても宝くじ。
最後の最後、大みそかの今日の感動です。
1万円が当たりました!
投資したのは3000円なんで、儲かりましたね。
これまでは3000円が最高でしたが、それを初めて更新しました。
1万円といえども素直にうれしかったですね。

さて、来るべき2019年、どんな年になるでしょうか。
還暦を迎えたとき、心に刻んだ“どこ吹く風”。
人が何言おうと、ストレスためずにどこ吹く風でいこうと思います。

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2018/12/31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

6ヶ月点検~家づくりは家族づくり

本日、6ヶ月点検をしました。
5月に竣工して、早いものです。
もう半年が経ったなんて。

工務のKさんからの「不具合があるか?」という質問に対して答えたのが、2点。

①クロスのほつれ→1階洋室、2階洋室A、B
 クロスのコーナー部分が縮んだようにほつれています。
 Kさんが補修材を塗って処置。

②2階書斎のコーナーから雨水が流れる異音がする。
 これは雨が激しく降っている時に、書斎室内から外壁に設置された雨樋を伝う水の音が聞こえる状態。
 「ジョボ、ジョボ、ゴボッ」…という感じです。
 雨樋の構造に問題があるのか、メーカーに確認依頼をしました。

今回の点検では、
【室内】
 クロスの状態、床下の状態(湿気、乾燥状態)、24時間換気のフィルター、窓の開閉チェック
【室外】
 エコキュートの水抜き、排水口(升)の点検
 排水口は、キッチン、浴室につながる升の蓋を開けてみると、油かすや石鹸かすが付着しているのを確認しました。
 水道のホースを突っ込んで水圧で除去しました。

クロスのほつれは想定内でしたが、それ以外は今のところ深刻な問題はなさそうです。
雨樋の異音が室内に伝わる件については、今後の調査で確認してもらうことにし、
次回はまた半年後の点検となりました。

20181216007res.jpg
※クロスのほつれの補修

201812160013wqa.jpg
※床下の状態確認

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

 

仙台『蔵の庄』冬の味覚・せり鍋で酔う

仙台で過ごした最後の週、カミさんのリクエストでせり鍋を食べに出かけました。
目指すは仙台駅前にある『蔵の庄総本店』さん。
せり鍋といえば、ここですね。
もちろん、人気の囲炉裏端のカウンター席をオーダー。

具材はいたってシンプル。
だし汁と鶏肉のみです。
これだけではちょっと寂しいので、豆腐もトッピング。

さて、作り方ですが、これもいたって簡単です。
鍋が煮立ったところで、まずはセリの根っ子と茎を投入。
一分茹でてOKです。
次に葉っぱの部分は、ほんの30秒。
こんな感じで、時間に追われながら一気に食します。

せり鍋は特段、美味しいわけではありませんが、せりの風味とシャキシャキ感は、これから始まる仙台の本格的な冬の到来を味わう風物詩。
この時期、仙台市内ではせり鍋だけで飽き足らず、せりラーメンとか、せりうどんもあって、せりを使ったバリェーション料理もお目見えします。
今思えば、こうした季節感を味わう料理を食べてこられたのが、ぜいたくな仙台生活だったと思います。

20181212001ewa.jpg

20181212002ewa.jpg
※スマホで撮影
※『蔵の庄総本店』宮城県仙台市青葉区中央1-8-38 AKビル4F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

鳴子温泉に行ってきました

再雇用で働き始めて2日目。
“どこ吹く風”でいこうと思っても、ついつい口を出してしまう我が身に呆れています。
やっぱり仕事が好きなんだなぁ…(笑)。
簡単には切り替えそうもありませんね。

さて、仙台で過ごした最後の日に、カミさんと鳴子温泉を訪ねました。
6年もいた東北ですが、ほとんど温泉に行けずじまいでした。
もっとも、温泉にはあまり興味がなかったこともありますが、あまたある東北の温泉を経験しなかったのは食わず嫌いだったかもしれません。

鳴子温泉でお世話になったのが『すがわら』さん。
創業100年超えの老舗です。
建物は老朽化が目立ちますが、お湯は良かったですね。
劣化した肌も一瞬ですが、すべすべになりました(笑)。

翌日は昭和レトロな鳴子温泉街をぶらぶら。
廃屋になったホテルやポストがこけしスタイルになっていたり、被写体には困りません。

名物のこけしを2体買って仙台のねぐらに戻りました。

20181211001re.jpg

DSC_0093.jpg

20181211002re.jpg

20181211003re.jpg

20181211005re.jpg

20181211004re.jpg
※スマホで撮影 宮城県鳴子温泉

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2018/12/11 ] | TB(0) | CM(0)

3畳の書斎~家づくりは家族作り

本日から新しい部署への通勤が始まりました。
仙台時代は通勤時間わずか15分でしたが、いきなりの1時間40分。
バスとJR、そして地下鉄を乗り継いでの通勤です。
さすがに老体を意識しましたね。
これが続くと思うと、初日からめげてしまった一日でした。
もっとも、仙台に赴任する前は1時間15分の通勤を12年間続けていましたので、まぁ、そのうち慣れるでしょう。

前置きが長くなりましたが、『マイホーム建て替え作戦』のレポートです。

今回の新築で3畳の書斎を作りました。
わずか3畳ですが、一人で籠るには理想的なスペースだと思っています。
解体した旧宅は6畳の書斎を確保していましたが、狭いこっちのほうが落ち着きますね。
エアコンを付けていなくても、小さな電気ストーブ1台で十分暖かいですし、狭い部屋ほど熱効率は良いみたいです。

さて、その書斎。
南側に掃き出し窓を設置し、5畳のインナーバルコニーに出入りできる間取りです。
開放感と採光があるので3畳といえども“独房”のような圧迫感はありません。
読書に疲れたら、バルコニーで優雅にテーブルに座ってティータイム…まったくその気はないですが、そんなこともできそうです。
難点は書斎が南向きなことでしょうか。
採光が良すぎて蔵書が日焼けするので、日中はカーテンを閉めています。

今取り組んでいるのが、機能的なレイアウトの実現。
スペースはわずか3畳なので、デスク、椅子、本棚、PC以外は何も置きません。
本棚は四方の壁に高さ180×幅90×奥行23センチの既製品を4台設置し、正面の壁面にはDIYで160センチの棚板4枚を左右の本棚に橋渡ししました。
文字通り、四方を本に囲まれた空間です。
デスクは幅120×奥行60センチのワーキングデスク。
これは単身赴任先で購入したお気に入りです。
椅子は大型でゆったりしたものをということで、ニトリでヘッドをカバーできる合成革製を買いました。
何とかこれでカタチになりましたが、天井高250センチの空間がもったいないので、壁面をすべて本で埋め尽くすレイアウトにするつもりです。
今のところ約1500冊の蔵書が収まっていますが、今後の計画は、高さ70×幅90センチの本棚をDIYで2台作成し、既製の本棚の上に乗っけて、天井まで届く壁面いっぱいに設置する予定です。

要塞のような、穴蔵のような、圧迫感も凄いモノになるのではないかと思っていますが、設計図を書きながらあれこれ思い描いて楽しんでいます。

密室空間での“晴耕雨読”…これが理想とするイメージですね(笑)。

20181209004wa.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

花壇を作りました~家づくりは家族作り

今週、仙台のねぐらを畳んで自宅に戻ってきました。
6年ぶりの我が家の生活が始まりました。
明日からは新しい部署での仕事が待ってます。

5月に完成した我が家も、早いもので来週は6ヵ月点検。
クロスのほつれが少し出てきましたが、それ以外は今のところ目立った不具合はありません。

さて、帰省して最初に手を付けたことが、書斎作り。
わずか3帖のスペースですが、あれこれ悩みながら作っています。
天井まで届く壁一面の本棚を自作しようと思っています。
完成したらレポートさせていただきますね。

そして、もう一つの作業は花壇作り。
ホームセンターでブロックと土、花を買ってきて、いざ。

タイル張りの無機的な玄関前が、ちょっとばかし明るくなりました。

20181209001wqa.gif

20181209002wqa.gif
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ