2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

青森で貝焼き味噌を食す

『ケンミンショー』で取り上げられた、青森のソウルフード『貝焼き味噌』が食べたくて、チャレンジしてきました。
青森では多くの料理屋さんや居酒屋で出されている人気料理のようです。
今回訪ねたのが『地雷也』さん。
この店は青森の郷土料理を中心に創作料理も出す人気店です。

さて、貝焼き味噌ですが、
直径15センチくらいの大きなホタテの貝殻に、ホタテ、刻みネギ、そして溶き卵の陣容。
味付けはちょっとしよっばめの味噌のようです。
とろとろの卵とホタテの歯触りが抜群です。
本当に貝殻からダシが出ているような気がしました。

番組でも紹介されていましたが、アツアツのご飯に乗せたら旨いでしょうね。
青森を訪ねたらまた食べくなる味だと思います。
※ホタテの貝焼き味噌(580円)

20180619006tgxs.jpg
※スマホで撮影
※『活け魚とわら焼き地雷也』青森市本町1丁目5-5 1F 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

スポンサーサイト

秋田『支那そば伊藤』旨辛みそ中華

再訪です。
前回は定番の中華そばでしたが、もう一つの人気メニューの旨辛みそ中華(中970円)にチャレンジしました。

ベースは十文字ラーメンの細麺ですが、何といってもスープに特徴があります。
辛さはラー油系。
酸っぱさも少し感じますが、食べているうちにどんどん辛くなってきます。
結局、麺は全部食べてスープは3分の1も飲めずに終わりました。
辛さに強い自分ですが、さすがにこれは参りましたね。

すでに訪問してからひと月以上経っているというのに、いまだにその辛さを想い出し、唾液がじわじわと出てくる始末に笑ってしまいます。
これって、条件反射というやつですね(笑)。

※過去レポはこちら
秋田『支那そば伊藤』中華そば

20180617007xda.jpg

20180617008xda.jpg

20180617009xda.jpg
※スマホで撮影
※『支那そば伊藤』秋田県秋田市中通4-7-35 秋田市民市場 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

秋田『チャイナタウン』みそチャンポン

5才の幼女が食事も与えられずに虐待死したというニュースを聴くにつれ、のんきに食レポなんぞやってていいのか?というナーバスな気持ちになっていました。
とんでもない事件が起きる世の中。
食べることができないことほど、悲しく辛いことはありません。
せめて食べることだけは、誰にも邪魔されずに楽しみたいですね。

…ということで、先日の『ケンミンショー』で取り上げられた秋田チャンポンを食べてきました。
秋田ではなんといっても『チャイナタウン』さんが有名。
ランチタイムは思った通り、店の入口に続くらせん階段まで行列ができていました。
やはりテレビの力は凄いですね。

定番のみそチャンポン(860円)を注文。
自分にとってチャンポンといえば、長崎チャンポンしか思い浮かびませんが、この店のチャンポンはイメージとはかなり違いました。
片栗粉でとろみがついたアツアツのスープは、やさしい味噌味に魚介のエキスがしっかりと出ています。
麺は太麺。
これは長崎チャンポンと同じですね。
テーブルに置いてあるラージャンを足すと、辛みがプラスされて旨みが更に広がりました。
野菜もたっぷりで、ボリュームも凄いです。
大汗をぬぐいつつ完食。
スープはとろみがなくなると、味噌スープに変化していきましたが、旨さは変わることがなく、大方飲んでしまいました。

ついでに頼んだイカぎょうざ(360円)も、大きめに刻んだゲソがしっかり詰まってこれも美味。
チャンポンのイメージを変えた、秋田の味でした。

20180610001dea.jpg

20180610002dea.jpg

20180610003dea.jpg

20180610004dea.jpg

20180610005dea.jpg
※スマホで撮影
※『チャイナタウン』秋田県秋田市卸町2-2-1 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『だし廊』限定エビ二ボ旬菜麺

生活習慣病検診を受けてきました。
この2週間で少し減量して臨みましたが、結果はどうなるでしょうかね。

帰り道に立ち寄ったのが、ご贔屓の『だし廊』さん。
いつもは行列に並ぶところですが、開店すぐとあって着席できました。
頼んだのが、10食限定のエビ二ボ旬菜麺(900円)。
ついでに肉めし(100円)も。
朝から何も食べていないんで、まぁいいかなぁ(笑)。

さて、麺は煮干しだしということですが、貝だしのような風味とコクがあります。
すだちを絞ると更に味が引き立ちました。
玉ねぎとレタスがシャキシャキして歯触りも良いですね。
麺はこの店の定番『貝だし塩そば』で使う、パスタのような平打ち麺です。
創作ラーメンといった感じでしたが、ビジュアルもおしゃれで美味かったです。
ついでに頼んだ肉めしも美味。

空腹を満たして、退店。
のんびりと単身赴任のねぐらへ帰りました。

※過去レポはこちら
・仙台『だし廊』鶏だし生醤油そば
・仙台『だし廊』貝だし塩そば
・仙台『だし廊』飛魚だし醤油そば

20180602005tdw.jpg

20180602001tdw.jpg

20180602002tdw.jpg

20180602003tdw.jpg

20180602004tdw.jpg
※スマホで撮影
※『だし廊』宮城県仙台市青葉区一番町2-2-11 TKビル1F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『博多ラーメンかっぱ亭』博多らーめん

仙台では珍しい博多ラーメンの店です。
麺は三種類の博多麺と同じく三種類の中華麺から選べます。
初見参なので、ここは定番の博多麺の細麺(720円)を。

出てきた丼はボリュームもあっていかにも旨そうです。
ネギ、キクラゲ、チャーシュー、ゴマに、全国的に品薄状態になっているという高菜漬をトッピング。
ビジュアルが出揃った我が丼にニンマリしつつ、いざ。

固めが好きな自分には茹で加減を指定できないのはどうかなと思いましたが、麺もちょうど良い固さでした。
とんこつスープも博多ならではのコクがある味。
替玉(130円)に心が動きましたが、減量中の身を想い出してぐっと我慢。
再訪を誓って店を出ました。

20180531001feaq.jpg

20180531002feaq.jpg

20180531003feaq.jpg

20180531004feaq.jpg

20180531005feaq.jpg
※スマホで撮影
※『博多ラーメン かっぱ亭 』宮城県仙台市宮城野区萩野町1-21-1 月夜休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

盛岡『マトヤ中華』中華そば

JR盛岡駅前にあります。
この店、出張の度に何度も前を通りながらも、ずっと気になっていました。

注文は定番の中華そば(700円)。
店内に掲げられた"謂れ"を読むと、どうやらこの店は京都の『新福菜館』直伝の『末廣ラーメン』の系列店のようです。
どおりで店の外観もよく似ています。
確かに出てきたラーメンを見ると、黒い濃口醤油のスープと中細麺の組み合わせは末廣ラーメンを彷彿とさせます。
スープは意外にあっさりしていて少し甘味も感じるので、塩分を気にせずに飲んでしまいます。
東北の主要都市には末廣ラーメンは多く出店しているのでよく食べていますが、自分の舌が鈍いのか、この店の味との違いはよく分かりません。
"謂れ"を読むと、それぞれ特徴があるとありますが、そこまで通になっているわけでもなく、まだまだ修業が足りませんね。

20180522004vbg.jpg

20180522005vbg.jpg

20180522008vbg.jpg

20180522006vbg.jpg

20180522007vbg.jpg
※スマホで撮影
※『マトヤ中華』岩手県盛岡市盛岡駅前通8-11 盛岡駅前ビル1F 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

秋田『ふじやからあげ店』からあげ定食

以前、秋田のからあげについてレポートした時、美味しいからあげを食べさせてくれる店があります…というコメントをいただき、それ以来ずっと気になっていた店です。
『ふじや』さんがあるのはJR秋田駅東口から約500㍍のところ。
昼のランチタイムはテイクアウトのお客さんの行列が途切れることなく続く、という人気店のようです。
今回は出張とあって、夜の食事ついでに店内で食べることにしました。

店に入るとテイクアウトのお客さんが3名。
一つしかないテーブルは空席だったので、ラッキーでした。
メニューはからあげのみですが、味はレモン塩やにんにく、バター醤油などいくつかあります。
今回は初見参なので、定番の和風を並定食(700円)で。

さて、出てきたビジュアルをみてびっくりです。
文句なしのボリューム!!
文句なしのビジュアル!!
唐揚げの大きさも半端ではありません。
これは気合を入れて、ワッセ、ワッセと食べなければ(笑)。

レモンをかけて、いざ。
ジューシーで柔らかく、旨いですね~
下味もしっかりついています。
皮もパリッと揚がって香ばしいですね。
ごはんの量も多くて、食べきれるかな??と思いましたが、気づいたらペロリと完食できました。

(まだまだ若いな~笑)

20180520008dsza.jpg

20180520007dsza.jpg

20180520009dsza.jpg

201805200010dsza.jpg

201805200011dsza.jpg

201805200012dsza.jpg
※スマホで撮影
※『ふじやからあげ店本店』秋田県秋田市東通り2-1-42 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

瀬戸『そば処百姓庵』天ざるセット

長女を赴任先の自宅に送っていく途中で立ち寄った店。

暑かったので、涼やかな天ざるセット(1280円)を。
味ご飯がついてボリューム満点です。
天ぷらはサクサクで美味。
何といっても細打ちのそばがいいですね。
喉越しも申し分ありません。

偶然に飛び込んだ店ですが、また足を運びたくなる店でした。

2018051001fre.jpg

2018051002fre.jpg
※スマホで撮影
※『そば処百姓庵』愛知県瀬戸市石田町292 日祝休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『徳島ラーメン人生』徳島ラーメン

徳島ラーメンを仙台で食べることができるとは、うれしいですね。
最近ではこの店、仙台駅東口にもできて頑張っているチェーンの一つになっりました。

今回は定番の徳島ラーメン(690円)をチョイス。
コクがあるとくこつスープに甘く煮込んだすきやき風の肉が乗っかり、更にサービスの生玉子を乗っけると、ビジュアルもなかなかよろしい。
玉子を溶かしながらこれを一気に食べます。
旨いですね。
止められません。

本場、徳島ではごはんと一緒に食べるのが定番スタイルですが、今回は玉子かけごはんにします。
これで玉子2個…コレステロールが…(汗)。
今更後悔しても仕方ありませんね。

※過去レポはこちら
・仙台『徳島ラーメン人生』徳島ラーメンこってり

201803250032ewx.jpg

201803250033ewx.jpg

201803250034ewx.jpg

201803250035ewx.jpg
※スマホで撮影
※『徳島ラーメン人生泉店』宮城県仙台市泉区市名坂字原田64-1 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

多治見『EGG BOARD』オムライスとあんかけパスタ

先週から帰省しております。
施主検査と引き渡しに立ち会うためですが、それ以外は暇を持て余しているので、もっぱらカミさんを誘って食べ歩きです。

オムライス専門店の『EGG BOARD』さんですが、調べてみたら4年ぶりの訪店でした。
注文は、カミさんとシェアすることにして2種類のランチ(どちらもセットで849円)を。
『デミ&ホワイトのWソース+チキンカツオムライス』はボリュームたっぷりで、癖になる美味しさ。
ケチャップの甘味と卵のとろみの感触が何とも言えません。
チキンカツはラードで揚げたまろやかさに溶けたチーズがじゅわ~と絡んで、これも旨いです!
ここまでは定番の美味しさです。

そして、名古屋名物あんかけスパ。
これは初挑戦。
オムライスと並ぶこの店の二本柱です。
たっぷりの卵とピリ辛のあんかけソースが良く合います。
麺はもちろん太麺。
あんかけスパにはこれが一番合いますね。

久しぶりの『EGG BOARD』さんでしたが、改めて旨さを実感できました。
開店と同時だったので、並ぶことなく入店できてラッキーでした。

※過去レポはこちら
多治見『EGG BOARD』オムライス 

20180502001desw.jpg

20180502005desw.jpg

20180502002desw.jpg

20180502003desw.jpg

20180502004desw.jpg
※スマホで撮影
※『EGG BOARD多治見店』岐阜県多治見市住吉町7-29-6 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『ちばき屋』ワンタンそば

自宅近くにあるのでよく足を運んでいます。
普段は塩か醤油の定番ですが、今回は奮発して(笑)、ワンタンそば(850円)を。

いつものことながらちぢれ細麺に背油が浮かんだ醤油スープはよく合います。
安心の味ですね。

さて、本命のワンタン。
酒田のトロトロふわふわのワンタンが最高峰だと思っている自分には、どう感じるでしょうか。

うーん、ちょっと期待外れでしょうか。
皮の柔らかさ、肉の固さ…
酒田のワンタンとは違いますが、肉の味はしっかり出ています。

結論としては、この店はトッピングを避けて、定番の塩か醤油のシンプルなものでいこうと思います。

※過去レポはこちら
・仙台『ちばき屋』支那そば(塩)
・仙台『ちばき屋』支那そば(醤油)

201803250013ewx.jpg

201803250014ewx.jpg

201803250015ewx.jpg
※スマホで撮影
※『ちばき屋仙台店』仙台市宮城野区榴岡2-3-36 仙台蘭らんビル 1F 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『肉そば藤七』冷たい鳥中華

立ち食いの肉そば専門店です。
仙台で山形の肉そばを食することができる店として貴重ですが、ランチタイムは行列必至です。
ただ、回転が速いのでストレスを感じるほどでもありません。
この日の注文は冷たい鳥中華(並600円)。
少ししょっぱいスープは肉そばの味に近いでしょうか。
麺はコシが強いですね。
鶏肉は山形の肉そばらしく、廃鶏の歯応えが生きています。

トッピングのゲソ天(110円)を乗っけると、ボリュームがさらにアップ。
じっくりと味わってすすりあげました。

※過去レポはこちら
・仙台『肉そば藤七』温かい鳥中華
・仙台『肉そば藤七』冷たい肉そば
・仙台『肉そば籐七』冷たい鳥中華
・仙台『肉そば籐七』つけそば
・仙台『肉そば藤七』冷たい肉そば

201803250024ewx.jpg
※スマホで撮影
※『肉そば籐七』宮城県仙台市青葉区上杉3‐3‐16 SAビル1F 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『らーめんかいじ』かいじの味噌らーめん

つけ麺が美味しい店ですが、濃厚スープのラーメンもなかなか。
かいじの味噌らーめん(980円)は中盛(200g)、大盛(300g)も無料なので、いつも中盛を頼んでしまいます(汗)。
トッピングのひき肉は唐辛子とラー油がかけられているので、スープに混ざるとピリ辛になります。
しかし、これが旨いですね。
味噌との相性も抜群です。
そして麺はいつもりモチモチ完食の中太麺。

旨い一杯でした。

※過去レポはこちら
・仙台『らーめんかいじ』かいじの濃厚煮干つけ麺
・仙台『らーめんかいじ』かいじの台湾まぜそば
・仙台『らーめんかいじ』かいじのつけ麺
・仙台『らーめんかいじ』らーめん

201803250017ewx.jpg

201803250018ewx.jpg
※スマホで撮影
※『らーめんかいじ東仙台店』仙台市宮城野区小鶴1-21-5 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

青森『長尾中華そば』朝ラーに挑戦!!

食べログを見ると、3月24日に営業再開となっていますが、このレポートは昨年食した記録になります。

青森の出張。
朝8時前に八戸に向かう途中で立ち寄りました。
ずっと気になっていた"朝ラー"に挑戦です!!
長尾中華そばさんは何度か訪店していますが、青森の煮干し系ラーメンをけん引する店だと思います。

注文はこく煮干し(730円)。
あっさりでは物足りませんね。
朝からガーンと煮干しの濃厚スープじゃないといけません(笑)。
カウンターにある食器の差し入口のようなところから丼が出てくるしくみは、なんだかカワイイですね。

さて、煮干しラーメンです。
スープはお約束の、香ばしく焼いた煮干の香りが口いっぱいに広がりました。
文句なしに旨いです。

これまでの人生で初めての"朝ラー"でしたが、意外に抵抗なく食べてしまいました。
もっとも、こんな習慣が癖になると怖いですがね。

※過去レポはこちら
・青森『長尾中華そば』 こくにぼり

201803250027ewx.jpg

201803250026ewx.jpg

201803250028ewx.jpg

201803250029ewx.jpg

201803250030ewx.jpg

201803250031ewx.jpg
※スマホで撮影
※『長尾中華そば青森駅前店 』青森県青森市柳川1-2-3 青森駅ビル ラビナ 駐車場1F :月休 

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

鶴岡『琴平荘』大盛チャーシュー麺

平日で1時間、休日は2時間以上待ちという、東北を代表する名店です。
夏は本業の旅館業、ラーメンは冬期間のみの営業という"二刀流"。
店は日本海に面した崖の上にあります。
11時の開店を目指して、20分前に到着。
すでに20人以上の同志が並んでいました。

整理券を貰い、大広間に通され、注文。
おそらく二度と来ることは無いだろうと踏んで、大盛チャーシュー麺(980円 火・金曜は850円)を注文。
スープはあっさりとこってりから選べますが、店員さんおススメのあっさりを。

さて、着丼です。
ボリュームありますね~。
(食べ切れるだろうか…)

一口すすったスープは、魚のだしと鶏ガラが絶妙に混ざった味です。
あっさりして、旨いです。
そして、麺。
ちぢれた中太麺ですが、やさしい感触と弾力、小麦の甘味を感じます。
文句なしに旨い麺です。
シャキシャキのメンマと柔らかなチャーシュー…トッピングもよくできていますね。
このラーメンはさすがに『食べログ』のラーメン部門で全国百選に選ばれたことはあります。
完成されたラーメンといえるんじゃないでしょうか。

見た瞬間、食べきれるかな…と思った大盛ですが、それは杞憂となりました。

20180421001eda.jpg

20180421002eda.jpg

20180421003eda.jpg

20180421004eda.jpg

20180421005eda.jpg

20180421006eda.jpg

20180421007eda.jpg

20180421008eda.jpg

20180421009eda.jpg

201804210010eda.jpg

201804210011eda.jpg
※スマホで撮影
※『旅館琴平荘中華そば処』山形県鶴岡市三瀬己381-46 旅館琴平荘 10/1-5/31の冬期間のみ営業

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『麺屋とがし龍冴』海老らー麺

休日のランチタイムではいつも行列に阻まれています。
今回は開店と同時に突入です。

オーダーはずっと気になっていた海老らー麺(730円)。
スープは期待通りの海老の香りが漂う濃厚。
麺はモチモチの中太麺。
この相性は抜群ですね。
おそらく、つけ麺も美味しいと思います。

丼の模様が気になっていたので、スープを大方飲んでみました(カロリー高すぎ!!)。
浮き上がったのは『龍』の文字。

ごちそうさまでした。

※過去レポはこちら
・仙台『麺屋とがし龍冴』龍冴の豚そば

201803240014ewsz.jpg

201803240015ewsz.jpg

201803240016ewsz.jpg

201803240017ewsz.jpg
※スマホで撮影
※『麺屋とがし龍冴』宮城県仙台市若林区新寺2-1-1 サンシャイン菊平ビル1F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

函館『吉田商店』やわらかチキンレッグカレー

函館に出張するとついつい足を運びたくなる店。
私にとってのスープカレーといえば、この店。
というのは、初めてスープカレーを体験した店なんですね。
いってみれば、原点の店。

さて、いつも注文するのはチキンカレー(930円)。
辛さも選べるので、刺激的な4辛を。

お味は何度もレポートしているので今更ですが、
旨い!!!としか言いようがありませんね。
ついでてすが、店内のレトロなグッズも良い演出をしています。

※過去レポはこちら
・函館『吉田商店』チキンスープカレー
・函館『吉田商店』スープカレー

201803250019ewx.jpg

201803250021ewx.jpg

201803250020ewx.jpg

201803250022ewx.jpg

201803250023ewx.jpg
※スマホで撮影
※『吉田商店』北海道函館市新川町24-1 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

八戸『みなと食堂』平目漬け丼

仙台では桜が散り始めているというのに、出張で訪ねた八戸はまだまだ固し。
雪が舞いそうな寒さです。

さて、『みなと食堂』さん。
知る人ぞ知る八戸の超人気店です。
JR陸奥湊駅近くにあります。
港が近いので、ここには市場もあるし、有名な朝市も行われています。

平日のランチタイムに突入しましたが、案の定、店の前には行列が…。
15分ほど並んで店内へ。
外で寒さに震えていたのがうそのような温かさ、人心地がつきました。

メニューはその日に獲れた魚で作る海鮮丼が中心です。
人気はヒラメの漬け丼。
もちろん、これを食べに来たわけですね。
しかし、この日は水揚げが少なかったということで、全面敷き詰めはアウト!!
ヒラメが半分、マグロと甘エビの三色丼となってしまいました。
八戸名物のせんべい汁が付いたセット(1350円)で注文し、待つこと10分。

うーん、素晴らしいビジュアルです。
生玉子をかき混ぜて、いざ。
ヒラメは淡白な中に甘味があって、文句なしに美味いですね。
漬けなんで、醤油をかけなくても味がついています。
マグロも甘エビもとろけそうな食感。
それに、このボリューム。
すべてに言うことなし。

セットのせんべい汁も出汁が効いて、薄口醤油によく合います。
時間が経つにつれ、せんべいがふやけて、まるでつゆにつけた天ぷらのような食感になります。
これがまた美味いんですね。

あまりの美味さに、丼と汁を一気に掻き込み、店を出ました。
さすがに人気店。
行列は更に長くなりそうでした。

20180414001cfr.jpg

20180414002cfr.jpg

20180414004cfr.jpg

20180414003cfr.jpg

20180414005cfr.jpg

20180414006cfr.jpg
※スマホで撮影
※『みなと食堂』青森県八戸市大字湊町字久保45-1 日・年末年始休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

郡山『ますや本店』新

郡山に根付いた濃厚醤油スープがウリの店。
3種類のスープから選べます。
今回は『新』(750円)を。
ブシと豚骨の合わせスープに真っ黒な濃口醤油のスープは、着丼した瞬間にたじろぐ濃さです。

(うーん、しょっぱそ~)

スープには更にゴマとラー油が。
ビジュアルもなかなかです。

さて、お味は…。
スープは思ったよりしょっぱくなかったです。
少し甘味も感じて、旨いですね。
麺については茹で加減を選べますが、前回の訪店ではふつうを選んで失敗した(柔らかすぎ)ので、かためを選択。
これは正解でした。
ラードが入っているのか、スープがアツアツなので、食べていく間にちょうど良い柔らさになっていきます。

ますやさんは郡山駅駅前のアーケードにもありますが、郡山ではお気に入りの店になりそうな予感です。

※過去レポはこちら
・郡山『ますや本店』伝

20180325009ewx.jpg

201803250010ewx.jpg

201803250011ewx.jpg

201803250012ewx.jpg
※スマホで撮影
※『ますや本店台新店』福島県郡山市台新1丁目176-4 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『らーめんかいじ』かいじの濃厚煮干つけ麺

この店、何といってもつけ麺が旨いですね。
麺の量も中盛(300g)、大盛(400g)まで無料で選べるので、大食いさんにはうれしいサービスです。
この日はいつもの中盛を。
濃厚煮干つけ麺(980円)を注文しました。

さて、つけ汁は煮干の味はそんなに強く感じませんでしたが、ドロッと濃厚なのはポイント高いですね。
麺は言わずもがなのモチモチの弾力。

そーです。
この店は何といっても麺が旨い!!
小麦の香りが口いっぱいに広がります。

仙台にはつけ麺屋が多くありますが、今のところのご贔屓店です。

※過去レポはこちら
・仙台『らーめんかいじ』かいじの台湾まぜそば
・仙台『らーめんかいじ』かいじのつけ麺
・ 仙台『らーめんかいじ』らーめん

201803240011ewsz.jpg

201803240012ewsz.jpg

201803240013ewsz.jpg
※スマホで撮影
※『らーめんかいじ東仙台店』仙台市宮城野区小鶴1-21-5  無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ