2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

仙台『ハチ』ナポリタン

仙台駅前のさくらの百貨店にあったお店(東京ナポリタン⑧)が閉店し、新たに仙台駅構内にオープンした『ハチ』さんに行ってきました。
さくらの時代はカウンターのみのこじんまりとした店で、回転も早くてお値段もリーズナブルでした。
「ナポリタンスタジアム」で優勝したというお店のウリなので、注文はやっぱりナポリタン(目玉焼きのせ950円)。

モチモチの太麺にねっとりと絡む濃厚なケチャップソース…昭和の味がします。
そういえば以前の店では海老は入っていなかったような…お値段もたしか750円でした。
さくらの百貨店が倒産したことでなくなったお店が、こうして新たな装いで復活を遂げる…良い話です。
仙台の顔として、ぜひ頑張ってもらいたいものです。

201711180012resa.jpg

201711180014resa.jpg

201711180013resa.jpg

201711180015resa.jpg
※スマホで撮影
※『ハチ』宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅3F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 
スポンサーサイト

青森『十三湖本家しじみらーめん』しじみらーめん

青森県の四大ご当地ラーメンというのが、津軽の煮干しラーメン、八戸ラーメン、青森の味噌バター牛乳ラーメン、五所川原市の十三湖のしじみラーメン。
しじみラーメン以外はすべて食べていますが、今回ようやくしじみにチャレンジです。
といっても、十三湖までは行けないので、青森市内にある『十三湖本家しじみラーメン』さんへ。
さて、ほろ酔いの身体にしじみのエキスは効くのでしょうか…。

20時から営業ということで、もろに酔客を狙ったパターンですね。
店主に訊くと、一番人気は『あっさり塩』(850円)ということなので、迷わずそれを。
着丼と同時に、しじみの殻入れが。
スープは澄みきっていますね。
ししみが中央に、その周りにわかめ、ねぎ、麩、チャーシュー、煮玉子が並び、なかなかのビジュアル。
スープを一口すすると、しじみの風味が口いっぱいに広がります。
いや~、効きますね。
磯の香りとさっぱりしたスープが抜群です。
麺はちぢれた細麺ですが、スープに良くなじんでいくらでもいけそうです。
疲れにも効き目があるしじみのスープ、殻を捨てながらしじみを食べつつ、すべて飲み干して店を出ました。
完食でした。

20171118004resa.jpg

20171118001resa.jpg

20171118002resa.jpg

20171118003resa.jpg

20171118005resa.jpg

20171118006resa.jpg

20171118007resa.jpg
※スマホで撮影
※『十三湖本家しじみらーめん』青森県青森市本町2-7-23 本町らーめん館内 日休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『中華そば煖々』まぜそば

職場の仲間と再訪です。
前回、食した醤油そばの繊細な味と、美人の店員さんに参ってしまった店。
今回は人気メニューの『まぜそば』(300g700円)を。

中央に生玉子。
その周りを囲むように白ネギ、青ネギ、チャーシュー、メンマ、海苔、鰹節。
ビジュアルもキレイですね。
これを一気にかき混ぜて、一気に掻き込む。
これぞ油そば、まぜそばの魅力。
濃いめの醤油と油が絡んだ太麺はモチモチの感触。
生玉子もとろとろに絡んできます。
文句なしに「旨い!!!」
これは病みつきになりそうです。
ただ、駐車場が少ないのでクルマでの訪店がちょっと厳しいのが難点。
まぁ、週末に電車で訪ねるとしますか。

※過去レポはこちら。
仙台『中華そば煖々』醤油そば

201711120012rewq.jpg

201711120013rewq.jpg

201711120014rewq.jpg

201711120015rewq.jpg
※スマホで撮影
※『中華そば煖々』宮城県仙台市若林区六丁目字左近掘2-25 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

酒田『旬味鮮心魚屋富重』秋の魚料理に酔う

酒田に出張すると立ち寄りたくなる店。
リーズナブルな価格で、四季折々の旬の魚を食べさせてくれます。
とにかく盛りだくさんのメニュー。
センス溢れた器も良いですね。
おまかせコースではその日に獲れた魚がずらり。
この日は酒田沖でたくさん獲れるというハタハタや毛ガニが。
毛ガニは北海道でしか食べられないと思っていましたが、東北でも獲れることを知って勉強になりました。
〆はマイタケごはんとナメコのお吸い物。
酒田は山も近いんですね。
ビールから麦焼酎へとお酒も進み、ゆったりと酔うことができました。

※過去レポはこちら
・酒田『旬味鮮心魚屋富重』魚料理に酔う

20171104002rewq.jpg

20171104003rewq.jpg

20171104004rewq.jpg

20171104005rewq.jpg

20171104006rewq.jpg

20171104007rewq.jpg

20171104009rewq.jpg

20171104008rewq.jpg

201711040010rewq.jpg

201711040011rewq.jpg

201711040012rewq.jpg

201711040013rewq.jpg

201711040014rewq.jpg
※スマホで撮影
※『旬味鮮心魚屋富重』山形県酒田市本町3-5-16 日休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

郡山『まぜそば凛々亭』自慢の和風まぜそば

郡山駅前のアーケード飲食店街にある店です。
周りは飲み屋ばかりなので、昼間はほとんどの店がシャッターを閉めています。
そんな中、異彩を放っているのが『まぜそば凛々亭』さん。
店内は満席。
賑わってますね。
初訪店なので、一番人気の自慢の和風まぜそば(並780円)を。

先にスープが出てきます。
しょっぱいですね。
そして、メインのまぜそば。
テーブルにあった『まぜそばのおすすめの食べ方』を覗きながら、まずはそのままの味を。
次に、酢とラー油を一回し。
そして素早くかき混ぜ、一気にすする!!
麺はモチモチ、ねぎと海苔の風味が良いですね。
油よりも醤油の味が勝ります。
これはなかなかです。
このところまぜそばや、油そばづいていますが、さすがにまぜそば一本で勝負する店です。
文句なしに旨かったです。

201710280017ewq.jpg

201710280016ewq.jpg

201710280018ewq.jpg

201710280019ewq.jpg

201710280020ewq.jpg
※スマホで撮影
※『まぜそば凛々亭郡山本店』福島県郡山市駅前2-7-16 アーケード第ニ増子ビル1F 日休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

大石田『最上川千本だんご』ずんだだんご

三度目の訪問です。
NHKの『鶴瓶の家族に乾杯』でも取り上げられて、今ではすっかり人気店です。
狙いはずんだだんご(140円)。
もちろん、今年の新豆で作ったずんだですね。
串に刺さっただんごにたっぷりのずんだあん。
一口食べると、豆の香りが口いっぱいに広がります。
「うまい!!!!」
文句なしに、うまい!!!

秋の味を堪能しました。

※過去レポはこちら
 大石田『最上川千本だんご』

20171028009ewq.jpg

201710280010ewq.jpg

201710280011ewq.jpg

201710280012ewq.jpg

201710280013ewq.jpg

201710280014ewq.jpg

201710280015ewq.jpg
※スマホで撮影
※『最上川千本だんご/横丁とうふ店』山形県北村山郡大石田町大字大石田乙76 横丁とうふ店向かい 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『だし廊』飛魚だし醤油そば

毎週のようにやってくる季節外れの台風。
うんざりですね。
今日は一歩も外に出ずにずっとテレビを見てました。

さて、食べレポばかりで恐縮ですが、何しろ溜まる一方なので、ご勘弁を。
最近人気の『だし廊』さんのレポです。
元はこの場所にはつけ麺の『大勝軒』さんがありましたが、久し振りに通りかかったら『だし廊』さんになっていました。
仙台のラーメン店を訪ね歩く身にとって、このチャンスは生かさないといけません(笑)。
しばらく並んで、満員の店内へ。
メニューは飛魚(あご)だし、貝だし、鶏だしの大きく3つのスープから選べます。
どれも美味そうですが、初見参なので無難な飛魚だし醤油そば(煮玉子入大盛900円)を。
しばらく待って着丼。
一口すすって、スープの旨さに舌を巻きました。
飛魚のだしは、焼きあご、あご煮干しを使っているということでてすが、濃口の醤油がよく合います。
そして、麺。
自家製のストレート細麺の喉ごしの良さ。ツルツルの感触が抜群です。
トッピングの焼豚はバラ、ロースの2種と、更に鶏むねというこだわりよう。

これは期待以上に旨いラーメンですね。
ご贔屓店になりそうな予感です。
こうなりゃあ、貝だし、鶏だしにもチャレンジするしかありませんね。

20171028004ewq.jpg

20171028005ewq.jpg

20171028007ewq.jpg

20171028008ewq.jpg

20171028003ewq.jpg

20171028006ewq.jpg
※スマホで撮影
※『だし廊』宮城県仙台市青葉区一番町2-2-11 TKビル1F 

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『六朗』油そば

4年ぶりの再訪。
店は仙台駅前のアーケード街、クリスロードにあります。
前回は、確かつけ麺だったので、今回は油そば(810円大盛無料)にチャレンジします。
というのは、最近めっきり油そばづいているので…。

数分で着丼。
早いですね。
まずは味を確かめて…(しょっぱいなぁ)
酢とラー油を一回し。
あとは思いっきりかき混ぜて、一気にすするだけです。
太麺は弾力があってモチモチ。
合格点です。
トッピングの具としてはゆで卵より、煮玉子ないしは半熟卵、あるいは生玉子が油そばに合ってると個人的には思っていますが、美味しいので許すとしますか(笑)。
想い出すと、この店はつけ麺も美味かったはず。
次回は中華そばにチャレンジですね。

20171023008ewx.jpg

20171023009ewx.jpg

201710230010ewx.jpg

201710230011ewx.jpg
※スマホで撮影
※『六朗名掛丁店』宮城県仙台市青葉区中央1-7-7 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

山形『千歳山こんにゃく店』玉こんにゃく

今更ですが、山形は食べ物が美味しいところです。
山形牛、米沢牛、芋煮、そば、ラーメン、納豆、おみ漬け、サクランボ、スイカ、ラフランス…枚挙にいとまがありません。
なかでもB級の代表格が玉こんにゃくではないでしょうか。
東北に赴任して山形で初めて食べましたが、これまでの人生でまったく縁がなかった食べ物です。
山形市の千歳山山麓にあるこんにゃく屋さんは有名なスポットです。
一見するとふつうの民家ですが、この場所で昔からこんにゃくの製造と販売をしています。
店内でも食べて行けるので、おやつがわりに定番の玉こんにゃく(1本150円)とみそこんにゃく1皿2本150円)を注文。
玉こんにゃくは山形市内にある醤油醸造元の、濃口の『キッコーシュウ醤油』で煮込んでいます。
歯ごたえはプリプリ、コクがあって旨いです。
そして、味噌も同じくキッコーシュウ。ほんのりとした甘みがいけますね。
ヘルシーなこんにゃくといえども、昼食前に2本食べるとけっこうお腹にたまります。
この店にはこんにゃくづくしの定食も人気メニューになっています。
さすがは山形のこんにゃく。
サイドメニューではなく、メインにもなりうる実力を観た思いです。

20171023001ewx.jpg

20171023002ewx.jpg

20171023003ewx.jpg

20171023004ewx.jpg

20171023005ewx.jpg

20171023006ewx.jpg

20171023007ewx.jpg
※スマホで撮影
※『千歳山こんにゃく店』山形県山形市松山3-14-1 月・火休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

東根『伊勢そば』もり天

台風が接近している、ここ仙台です。
投票日だというのに不在者投票もできない体たらく。
住民票を移してなくてもなにか方法があるはずなのに…。
単身赴任の身をつくづく呪います。

さて、先日の山県出張の折に、東根の『伊勢そば』さんに行ってきました。
この店、そば王国・山形ではかなり知られた店のようです。
平日の午後1時半を回ったというのに、広い店内は満席でした。
おススメのもり天(780円)を注文。
大盛にしようと迷いましたが、同僚からは「止めたほうがいい」という忠告。
なるほど出てきた丼を見て納得しました。

そばは不揃いの十割そば。
どんな切り方をしているのでしょうか。
幅1センチくらいの"一反木綿"のようなヤツもありました(笑)。
さすがに東根のそばです。
歯ごたえは抜群。
そして、旨い!!!!
完食するまでにあごが痛くなるかもしれません。
野菜の掻き揚げ天ぷらも固い。
これは天ぷらの常識を覆します。
入れ歯のじいさん、ばあさんは大変ではないだろうか…などと余計なことを考えながら、やっとのことで完食。

濃いめのつゆ汁にそば湯を入れると、これがまた絶品。
そばを嫌というほど食べたと実感するランチタイムでした。
ついでにいうと、小皿に盛られた小なすの漬物も美味かった~。

20171022001tre.jpg

20171022002tre.jpg

20171022003tre.jpg

20171022004tre.jpg

20171022005tre.jpg

20171022006tre.jpg

20171022007tre.jpg
※スマホで撮影
※『伊勢そば』山形県東根市野田119-1 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『太平楽』あごだし中華そば

人気ラーメン店が多くある激戦区、六丁の目にオープンしたばかりの店です。
平日のランチタイム、思った通り、店外で待つことになりました。
店員さんに訊くと、人気メニューはあごだしのラーメンか中華そばということです。
ラーメンは太麺、中華そばは細麺ということで、今回は中華そば(中700円)をチョイス。

さて、着丼です。
さやえんどうがトッピングされたビジュアルは、仙台の人気店『みずさわ屋』さんのよう。
スープはあごの風味をあまり感じません。
しょっぱさが先に来ます。
そして、麺。
かなり柔らかいです。
かため、コシが強い麺が好きな自分には、ちょっと…でしょうか。
中盛は麺の量も多く、やっとのことで完食。
うーん、何かが足りない。
スープも麺も…。

リピは考えます。

20171018005rsa.jpg

20171018004rsa.jpg

20171018003rsa.jpg

20171018001rsa.jpg
※スマホで撮影
※『太平楽六丁目店』宮城県仙台市若林区六丁の目東町2-12 火休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

いわき『こうや弁当』唐揚げ弁当

秋田の唐揚げ定食を取り上げましたが、唐揚げつながりでもう一つ。
福島県いわき市の人気弁当店です。
『こうや弁当』さんは、知る人ぞ知るデカ盛りで有名な店。
なかでも唐揚げ弁当(660円)は一番人気です。
もも肉のでかい唐揚げが5個。
味は醤油ベースの下味に、香ばしさとカラりと揚がったサクサク感が最高です。
もも肉なので、柔らかさも申し分ありません。
ボリュームがあるので、3個食べるのがやっとです。
残りは晩のおかずにお持ち帰りです。
お昼の弁当が夜のごはんに。
何だか変ですが、これぞ『こうや弁当』さんの真骨頂。
多くの人から指示されているところでしょうね。

20171017004rez.jpg

20171017005rez.jpg
※スマホで撮影
※『こうや弁当』福島県いわき市平字下の町3-2 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

秋田『ぱっぷや』焼肉&唐揚げ定食

秋田への出張。
お昼時とあって、ふらふら向かったのが秋田市民市場。
ここには十文字ラーメンの店や大衆食堂もあって、ランチタイムにはもってこいです。
ちょうどこの日、"秋田で一番、唐揚げに自身があります"という、でかい看板に釣られて入店したのが『ぱっぷや』さん。
偶然ですが、新規開店の当日でした。
オープン日とあって接客の臨戦態勢だったのでしょうか、ガランとした店内には私を入れてお客が二人しかいないのに、従業員が5名ほどいます。
ちょっと焦りました。
おススメは唐揚げ定食(オープン記念500円)ということでしたが、ここはあえて焼肉&唐揚げ定食(890円)を。
思いっきり、高カロリーですね。

さて、お味ですが…
まず、唐揚げは、ふつうです。
たしかに衣がカリッと中はジューシーですが、これは唐揚げの最低条件ですね。
もう一度食べてみたいなぁ…というリピーターになるには、ちょっとパンチが足りません。
秋田で一番というなら、秋田のレベルは低いんでは…と思ってしまいます。
そして、焼肉。
これは油が強くて甘すぎる。
更に、890円の価格の割にはボリュームが今ひとつでした。
ごはん大盛り無料ではいただけません。
まぁ、二度目はないですね。
唐揚げのような庶民の食べ物で勝負するなら、味とコストパフォーマンスが全てです。

20171017001rez.jpg

20171017002rez.jpg

20171017003rez.jpg
※スマホで撮影
※ぱっぷや 市民市場店『』秋田県秋田市中通4-7-35 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『仙臺魚河岸』魚河岸フライ定食

昨日、今日と、冷蔵庫の中にいるような寒さです。
秋を通り越して、いきなり冬になったような、ここ仙台です。

いつもラーメンばかりじゃあ…と思いつつ、久しぶりに"正統派サラメシ"でも、という気分になりました。
そこで向かったのが、仙台杜の市場。
海産物や生鮮野菜をお値打ち価格で売っている市場ですが、海鮮を中心としたランチを食べさせてくれる店がいくつもあるのが魅力です。
中でも『仙臺魚河岸』は、今が旬のはらこ飯や、サンマ、牡蠣といった三陸の魚介類が安く食べることができる贔屓店。
今回は、人気メニューの魚河岸フライ定食(815円)にチャレンジです。
でかいアジフライと海老フライ、大ぶりな牡蠣フライが2個。
サクサク、ジューシーで言うことありません。
さすがに新鮮、旨いです。
仙台市中央卸売市場が隣接しているだけありますね。
次回は、はらこ飯を食べてみようと思います。

20171016001reaq.jpg

20171016002reaq.jpg
※スマホで撮影
※『仙臺魚河岸』宮城県仙台市若林区卸町5-2-6 仙台場外市場 杜の市場 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

盛岡『ももどり駅前食堂』塩中華そば

デカ盛が人気の店です。
以前、唐揚げ定食にチャレンジしましたが、食べ切れませんでした。
今回は、ラーメンです。
塩中華そばは、今どき珍しい500円。
ワンコインで食べれるというのは、サラリーマンの味方ですね。
しかもランチタイムはライスが無料。

さて、お味ですが…
さっぱりしたスープなのに、しっかりとした味わい。
麺はちぢれ細麺。
チャーシューもとろとろ。
これでワンコインなら文句ありません。
旨いラーメンだ思います。
人気メニューのももどりが乗ったラーメンも人気のようなので、次回チャレンジしてみたいと思います。

※過去レポはこちら
 盛岡『ももどり駅前食堂』半唐揚定食

20171016004tre.jpg

20171016003tre.jpg

20171016001tre.jpg

20171016002tre.jpg
※スマホで撮影
※『ももどり駅前食堂』岩手県盛岡市盛岡駅前通10-4 12/31・1/1休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『はてな』油そば

仙台一の繁華街、国分町のど真ん中にある店です。
人通りも多く、立地は申し分ないですね。
カウンターだけの狭い店内ですが、10人くらいは座れそうです。

定番の油そば(大690円)を注文。
出てきた丼のビジュアルはなかなか。
食欲をそそます。
アツアツのうちに酢とラー油を円を描くようにひと回し。
風味が一段と良くなりました。
これをぐちゃぐちゃにかき混ぜます。

せっかくのビジュアルが見る影もありません。
油そばの宿命ですね。

一気にすすります。
麺はモチモチで弾力も申し分ありません。
ちょっと油がキツイなぁ、と思いながら完食。
大盛無料のボリュームも最高でした。

20171015001rew.jpg

20171015002rew.jpg

20171015003rew.jpg

20171015004rew.jpg

20171015005rew.jpg

20171015006rew.jpg
※スマホで撮影
※『油そばはてな』宮城県仙台市青葉区一番町4-5-17 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

いわき『白土屋菓子店』ジャンボシュークリーム

福島県いわき市にある有名菓子店です。
出張ついでに立ち寄りました。
この店の人気商品はジャンボシュークリーム。
ジャンボ→中→特大→超特大とあるようですが、ショーケースにあった在庫はジャンボと中サイズ。
中サイズは小さなキャベツくらいの大きさ。
これだけでも「ひぇ~」という感じなんですが、いったい、それ以上の大きさはどれほどなのでしょう。
そんなことを考えながら、"一番小さな"ジャンボ(324円)を購入。
ふつうのシュークリームが3~4個分くらいの大きさです。
ドライアイス(32円)を入れて貰い、自宅まで持ち帰りました。

さて、そのお味ですが、
大量のシュガーパウダーがかかり、シューはちょっと硬めです。
生クリームは、懐かしいさっぱりとした味。
改めてその大きさに驚きながら完食。
この日の夕食になりました(笑)。
食べる前に撮影しましたが、大きさが比較できるもの、例えば定規などと一緒に写せばよかったと後になって気づきました。

20171013001ujhy.jpg

20171013002ujhy.jpg

20171013003ujhy.jpg
※スマホで撮影
※『白土屋菓子店』福島県いわき市好間町上好間字南町田36-1 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『栁家』夏季限定納豆冷やし中華

納豆冷やし中華(650円)です。
レポートがすっかり遅くなりましたが、期間限定のPOPに誘われて、7月下旬に食べてきました。
キムチ納豆ラーメンが有名な店ですが、果たして納豆入りの冷やし中華はイケるのでしょうか。

納豆が入った味噌タレを具と一緒にドロドロにかきまぜて、いざ。
うーん、酸っぱいですね。
そして、甘いような…更に、納豆が糸を引く。
こりゃ、かなりの変わり種です。
なんとも言えない感触と、冷やし中華とはほど遠い味。
まぁ、期間限定ですから、たまにはこんなのもいいでしょうか。

※過去レポはこちら
仙台『栁家』夕暮れの青葉城
仙台『柳家』キムチ納豆ラーメン

20171008008rtea.jpg

20171008009rtea.jpg

201710080010rtea.jpg

201710080011rtea.jpg

201710080012rtea.jpg

201710080013rtea.jpg

201710080014rtea.jpg
※スマホで撮影
※『栁家仙台東口店』宮城県仙台市宮城野区榴岡1-7-33  水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『ラーメン魁力屋』特製醤油ラーメン&焼きめし

朝から青空が広がった仙台です。
いつものようにウォーキングをしましたが、銀杏並木にはぎんなんがコロコロ。
夏の名残を感じる秋の日でした。

さて、関西でおなじみの魁力屋さんが仙台にあるというので訪ねてきました。
背油がたっぷり入った醤油に九條ネギ。
スープによくなじむ細麺。
まさしく京都ラーメンですね。
関西では焼きめしというチャーハンも美味でした。
これで880円。
サラリーマンのランチとしては納得できる価格です。

20171008001rtea.jpg

20171008002rtea.jpg

20171008003rtea.jpg

20171008004rtea.jpg

20171008005rtea.jpg

20171008006rtea.jpg

20171008007rtea.jpg
※スマホで撮影
※『ラーメン魁力屋六丁の目店』宮城県仙台市若林区六丁の目南町9-2 フレスポ六丁の目南町店 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

盛岡『あきを。』盛岡じゃじゃ麺

さんさ踊りを観た後、立ち寄りました。
盛岡じゃじゃ麺を出す店はたくさんありますが、これまで食べてきた中でもこの店はかなり高いレベルだと思います。

券売機にはモツ入りや納豆入りなどたくさんのメニューが並んでいます。
注文は定番のじゃじゃ麺(中盛600円)を。
ビジュアルはきしめんのような真っ白な麺に、肉味噌、ネギ、きゅうりが乗っかり、しょうが、紅しょうが脇を添えます。
これをぐちゃぐちゃにかき混ぜて、いざ。
麺はモチモチの歯ごたえ。
肉味噌は辛みを抑えた味。
少し酢を加えると、更に風味が増しました。

そして、〆は生卵を落としたチータン。
これが無料というのは良心的ですね。
一度で二度楽しめるじゃじゃ麺。
文句なしに、盛岡を代表する郷土料理だと思います。

20171005001rbgd.jpg

20171005002rbgd.jpg

20171005003rbgd.jpg
※スマホで撮影
※『盛岡じゃじゃ麺 あきを。』岩手県盛岡市大通2-3-7 CT33ビル1F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ