2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

福山『大衆食堂稲田屋』肉丼&関東煮

福山では有名な食堂です。
昭和の匂いが漂ってきそうなアーケード商店街の中に、昭和そのものの店構えです。
この店のウリは肉丼(750円)と肉玉丼(800円)。
そして関東煮(1本150円)。

カミさんと一緒なので、肉丼と肉玉丼、そして関東煮4本を注文しました。
肉丼はよくあるチェーン店の牛丼とは違って、すきやき風味の汁だくです。
肉の塊も大きくて、食べ応えがありますね。
ごぼうやネギがどっさり入っています。
なんだか懐かしい味です。
肉玉丼は肉丼を卵でとじたもの。
ちょっと甘味が気になりますが、これもなかなかです。

そして、関東煮。
おでんのことではありません。
肉やホルモンをみりんや醤油ベースで煮込んだものです。
これはお酒のつまみにぴったりです。

どちらも懐かしい昭和の食堂の味。
癖になるような素朴な味を堪能できました。

20161113008.jpg

20161113010.jpg

20161113011.jpg

20161113009.jpg
※スマホで撮影
※『大衆食堂稲田屋』広島県福山市船町1-18  木休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

スポンサーサイト

尾道『つたふじ本店』中華そば

尾道を訪ねた目的の一つは、やっぱり尾道ラーメン。
有名店としては『朱華園』さんと『つたふじ』さんでしょうか。

うーん、どちらにするか…。
この2店は距離も近いので、行列の人数をみて決めることにしました。
…で結局、行列が少なかった『つたふじ』さんに並ぶことにしたわけですが、こちらはカウンターのみ12人ほどしか入れない小さな店でした。
待つこと50分。
ようやく入店して、注文できました。
メニューは中華そばと中華うどん(?)のみ。
こういうのがいいですね。

私は中華そば(大650円)、カミさんは並(550円)を注文。
尾道ラーメンは、しょうゆ味のスープに豚の背脂のミンチを浮かせるのが大きな特徴。麺は平打ち麺ですね。
感想としては、油が強くて口に残ったのが気になったところ。
まぁ、50分も並んで食べるほどでは…というのが正直な印象でした。

さて、この店残念ながら『撮影禁止』の貼り紙が。
どんなラーメンなのか興味がおありの方は、こっそり撮影された『食べログ』でもみてくだされ。

20161112018.jpg
※スマホで撮影
※『つたふじ本店』広島県尾道市土堂2-10-17  火休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

出雲『ほしえん』三食割子そば

このところの気温の変化についていけず、風邪をひいてしまいました。
つい先日、仕事で2日間一緒にいたメンバーがインフルエンザになってしまい、あわてて僕も検査をしました。
結果は陰性でしたが、喉の痛みから咳も出始めたので、この風邪、長引きそうです。

さて、ここからは世界遺産の旅で食べたB級グルメをはりますね。

『ほしえん』さんは、すっかり暗くなった出雲市を宿泊先のホテルまで走る途中、立ち寄った店です。
出雲と言ったら『出雲そば』。
出雲大社の周りにはずらりとお店が並んでいることを知っていましたが、いずれの店も営業時間が短く、夜はやってません。
出雲駅近くでようやく見つけたのがこちらの店。

メニューは出雲そばと出雲ラーメン。
うーん、出雲はラーメンも人気なんですね。

『三食割子そば』(980円)を注文。
丸い割子には、それぞれ大根おろしと山芋、玉子が乗っています。
ネギと海苔の薬味と蕎麦つゆを入れて、かき混ぜて食べるのが出雲流。

出雲そばというのは、蕎麦そのものに特徴があるかと思っていましたが、いたってふつうの蕎麦です。
ともあれ、蕎麦好きのわたくしとしては、願ってもない経験でした。

20161113007.jpg
※スマホで撮影
※『ほしえん』島根県出雲市今市町駅通り905-18  日・第1月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

広島宮島 あなごめし

宮島といえば、あなごめし。
『ケンミンショー』でも紹介されていました。

観光客でごった返す商店街を歩くと、そこかしこにあなごめしの看板やのぼりが。
11時前という中途パンパな時間。
そして、その時間に営業していたお店。
店先で牡蠣を焼くお兄さんに誘われて、ついつい入ってしまったのがこの店。

うーん、失敗でしたね。
やはりあなごめしは炭火で焼いたものじゃないと…。

…と、思いつつも、ふわっとして、旨かったわけですが…。
お値段は周りの店よりかなり安くて、1400円だったと思います。
店名をメモしなかったのは失敗でした。

20161113001.jpg
※スマホで撮影

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

広島『村長の店』広島焼

世界遺産の旅シリーズ、まだまだ続きますが、ちょっと骨休めとして食べ歩きレポをはさみますね。

まずは広島の食べ歩きです。
広島といえば、牡蠣、広島焼…うーん、これくらいしか思い浮かばない。
…ということで、広島焼の店を探してぶらぶらと。

適当に入った店が『村長の店』。
メニューを見ると、広島の名物料理もずらりとあります。

焼酎と梅酒ロックで乾杯の後、頼んだのが、地モノ小イワシ刺身、じゃこ天、れんこん天ぷら、広島産牡蠣バター焼き。
うーん、どれも旨い!!

お酒が進みます。
最後は店員さんおススメの、シンプルな広島焼です。
トッピングはイカ天とネギ。
これで1080円。

ソースはもちろん『おたふく』ですね。
ふっくらして、モチモチ、食べ応えたっぷりで、満足でした。

20161113002.jpg

20161113003.jpg

20161113004.jpg

20161113006.jpg

20161113005.jpg
※スマホで撮影
※『本家村長の店』広島市中区新天地5-22  無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

広島『五エ門』広島焼

広島出張の帰り、会社の同僚たちと訪ねたのが、『五エ門』さん。
すっかり忘れていましたが、自分にとっては再訪でした。
ボリュームたっぷりで、舌つづみを打ちながら完食。
仙台への帰路の長旅に腹ごしらえができました。
*広島焼きミックス1320円

2017021800049.jpg
※スマホで撮影
※『五エ門』※『五エ門福屋広島駅前店』広島県広島市南区松原町9-1 福屋広島駅前11F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

坂出『山下うどん』海老かきあげうどん

四国に遠征すると何度もリピートしているご贔屓店。
ここは隠れた名店で、平日の昼前でしたが、すでに駐車場もいっぱい、店内も満員でした。
海老のかきあげをトッピングし、
自分でおろし金ですったしょうがを入れる。
爽やかな食感です。
*うどん大280円、海老かきあげ220円

abcd075.jpg
※撮影Canon PowerShot G9
※『山下うどん店』 香川県坂出市加茂町147-1 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

広島『五エ門』広島焼

広島に出張するとかなりの頻度で立ち寄ります。
駅ビルにあるので便利ですね。
広島焼(1320円)は高いだけあって旨い。
僕はもっと安くて、下品な店で食べるのが好きですが…。

abcd033.jpg
※携帯で撮影
※『五エ門福屋広島駅前店』広島県広島市南区松原町9-1 福屋広島駅前 11F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

讃岐うどん四番勝負!!

今回の軟弱一人旅で香川を目指した理由の一つとして、讃岐うどんの存在がある。
有名店に辛抱強く並ぶほどマニアックではないので、ホーロー看板を探している途中で見つけた店に、ぶらりと入るスタイルだ。
当然のごとくアタリはずれはあるが、それだけにうまい店に当ると心底うれしい。
映画「UDON」は、誰も知らないようなそんなうどん屋に、光をあてたことに多くの共感を呼んだわけだ。
この映画が引き金になっただけではないだろうが、香川のうどんブームはしばらく続くだろうと思う。
さて、麺類党の小生、香川での2日間に4回うどんを食べた。勝率としては2勝2敗でしょうか。
独断と偏見でちょっと紹介してみましょうかね。

●8/4(土)昼 「手打ちうどん宮川」(東かがわ市)
 ぶっかけうどん(冷)大320円。ちくわ天110円。おでん2本160円
 評価☆☆☆☆☆ こめかみが痛くなるほどコシの強さと、のどごしなめらかなツルツル度が絶品。店内でうどん打ちの実演あり。おでんもうまい!

abcd017.jpg

abcd018.jpg

●8/4(土)夜 「はなまるうどん田町店」(高松市)
 ごまねぎうどん(温)中399円。
 評価☆☆★★★ 言わずと知れた全国チェーン。温かいタイプ。コシはあるが、ねぎが多すぎてうどんの風味を消してしまっている。さっぱりしたぶっかけにしとけばよかったと反省。
※画像なし

●8/5(日)朝 「多度津うどん まるや」(多度津町)
 ぶっかけうどん(冷)小200円。
 評価☆☆☆☆★ 朝7時から営業している。この価格でこの旨さは最高のパフォーマンス!トッピングの天ぷら類が種類も少なくあまり旨そうに見えないのが減点対象。うどんそのものは5点満点。

abcd019.jpg

●8/5(日)昼 「手打ちうどん いはら」(丸亀市)
 うどん(温)小200円。いなり寿司120円
 評価☆★★★★ いかにも大衆食堂然としたうどん屋さん。お客もひっきりなしに入ってくる。うどんの他に鉄板焼や焼そば他のメニューもある。大衆食堂に近いか。うどんそのものはコシがまったくなく、だし汁も薄すぎて物足らない。手打ちうどんをうたっているが、打ちたて、茹でたての麺じゃないのでは?まぁ、安いのは○だけど。

abcd020.jpg

…香川では2日間で連続四食うどんを食べた。麺好きを自認する僕だが、讃岐うどんならあと五食くらいはいけそうな気がした。

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

倉橋島で広島焼初体験!

倉橋島で広島に来たからにはどうしても食べたかったお好み焼き(広島焼き)を食べた。
広島の友人によると、のれんをつつましくかけた古く小さな店が狙い目らしい。
その上に焼いてくれるのはおばさんかおばぁちゃん、更にソースはオタフクソースでなければいけないという。
倉橋島から呉市内に戻る途中の小さな集落で、そんな厳しい条件にぴったりの店が見つかった。
早速入ってみると、小さな鉄板を囲んで年季が入った古い長椅子があり、壁際には待合用の椅子が置いてある。
「肉玉そば」を注文し、待合用の椅子に座って待つ。
この道27年というおばさんは、手際よく焼きソバを炒め、食欲をそそるオタフクソースで味付けしていく。
ソースが鉄板にはじける香ばしい匂いに、僕の鼻腔は「ぐぅ…」「たまらん」と反応していた。
この店のお好み焼きは、焼きそばをたまごを引いた薄い生地でくるんで、オタフクソースをたっぷりとかけ、青ネギをまぶすというシンプルなものだったが、まるで焼きそばとお好み焼きを一緒に食しているような不思議な食感だった。
ボリュームも充分でうまかった。

残念ながらこの店、店名をメモするのを忘れてしまった。
うー、悔いが残る。

2017021800048.jpg
※広島県呉市倉橋島のお好み焼き屋さんで撮影

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ