2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

使い勝手⑦ 階段下収納~家づくりは家族づくり

YouTubeで『大改造劇的ビフォーアフター』をよく見ていますが、いつも思うのは、何であの予算で、あんな素敵な家ができるのか?
狭小物件になればなるほど、匠の技に驚いています。
依頼物件はほとんどの場合、柱のみを残したスケルトンリフォームなので、基礎工事から内装まで、しかもいろんな工夫がされて低予算で実現できることが不思議です。
我家も建て替えですが、完成までにかかったコストを考えると、『ビフォーアフター』の匠に頼めば豪邸が建ったんじゃないかと思います(笑)。
もっとも、建物のコストにはデザイン料は含まれていないということですが、それにしてもですね。

この番組を見て思うのは、タマホームで建てた我家はいたって平凡な家だなぁ…ということです。
外観や内装より、タマホームがウリの機能性を第一に考えた…というわけでもありませんが、耐震性、断熱性、太陽光等のオール電化エコ設備、長期優良住宅…という部分には満足しています。
わずかに採用したオプションを除けば、ほとんどを『大安心の家』標準仕様+地域限定キャンペーンなので、目新しいものはありません。
更に素人の自分が考えた間取りなので、『ビフォーアフター』で見る感心しきりの工夫もなにもないですね。
いたって平凡、いたって面白味のない家かなぁ…と思っています。
完成してちょっぴり思うのは、せめて外観のデザインくらいはプロのデザイナーに頼めばよかったかな…と(笑)。
まぁ、今更ですがね。

さて、"使い勝手"シリーズですが(笑)、1階7.5畳洋室にある階段下収納の話をします。
階段下0.5畳を含めた1.5畳分のクローゼットになりますが、思った以上にけっこうな収納量で、住み始めた今は布団やファンヒーター等何でも放り込んでいます。
ただ、階段部分は天井が斜めになっているので低いですし、正面左奥には配管が通っており、少しいびつなデザインになっているのが気になるところです。天井にはダウンライトを付けたので奥行きがあってもそれほど気になりません。
この部屋は客間として使いますが、将来的には足腰が弱った我々夫婦の自室になる予定です。
その場合は十分な収納量ではないので、衣類などはタンスにでも収めればいいかな、と思っています。

階段下の活用は間取りを作るうえで悩みどころとなりますが、せっかくのスペースなので無駄にせず積極的に有効利用することが一番ですね。
『ビフォーアフター』の匠なら斬新な発想で提案できるかもしれませんが、素人の自分が考えた間取りなので、良しとします(笑)。

201807160015eza.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

スポンサーサイト

使い勝手⑥ タイルデッキ~家づくりは家族づくり

我家の外構は建て替えにあたって、庭をなくし、3台の駐車スペースを確保しました。
駐車場土間から玄関までの間は1㍍の段差があるので、アプローチ階段は7段となっています。
タマホームの玄関ポーチは標準仕様で300角磁器タイル貼りとなり、TChicのラーバPM300/LV-81(ホワイト)を選択しました。

建物の外周については防犯川砂利を敷き詰め、玄関ポーチからの左右のスペースはタイルデッキで覆いました。
階段も同じ素材ですべてタイル貼りにしました。
カラーはホワイトなので、汚れは目立つと思いますが、清潔感と外壁との一体感が気に入っています。

ただ、庭を作らなかったことで、無機的なビジュアルになったことも感じているので、少しでも明るくなればと思って鉢植えを置きました。

20180706002dza.jpg

20180704004waq.jpg

20180704002waq.jpg

20180704003waq.jpg

20180706001dza.jpg

20180704005waq.jpg

20180704006waq.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

使い勝手➄ 階段~家づくりは家族づくり

我家の階段は東壁に面したU字型の15段です。
旧宅も同じU字型でしたが、段数が少ない分、段差が高かったと思います。
1階と2階のフローリングの材質、カラーは違いますが、それをつなぐ階段はダイケン製で蹴込み板がホワイトのツートンタイプにしました。
これは標準で選べるようです。

階段は吹き抜けになっていますが、窓はすりガラスのFIX窓(1165×900)。
手が届かないので掃除ができないのが難点ですが、何といっても採光は抜群で、2階ホールはもとより、1階ホールから玄関まで明るく照らしてくれます。

間取りを作るとき、最初は勧められるまま手が届く位置に付けた引違窓にしていましたが、FIX窓にして正解だったと思います。
ちなみにすりガラスでも透明ガラスと同じ採光レベルということでした。

20180704008waq.jpg

20180704009waq.jpg

20180704011waq.jpg

20180704013waq.jpg

20180704007waq.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

使い勝手④ 洗面・浴室~家づくりは家族づくり

以前にも書きましたが、我が家の洗面所、浴室はどちらも1坪サイズです。
もう少し広くしたかったところですが、間取りを作っていくうえで妥協するしかありませんでした。

洗面台はLIXIL(MV ブラック)で、w900にグレードアップできました。思った以上に収納力もあって満足です。
洗面室についてはやはり1坪では狭く、収納スペースが欲しかったところですが、入居後すぐにDIYで棚を作りました。

次に浴室ですが、ユニットバスはキャンペーンで人造大理石の浴槽にグレードアップできるLIXIL(ルフトーン ブラックw1616)を選びました。浴室乾燥も標準でついています。
1坪のスペースでは洗い場が少し狭く感じますが、浴槽のw1616のサイズは脚を伸ばせるので十分の広さがあります。
ただ、ちょっと気になるのがシャワーの水圧。
少し弱いんですね、これが。
タマホームの工務さんから工事業者に確認してもらい点検をしましたが、我家が建つ自治体の水圧そのものが低いということで、設備の問題ではないということでした。
シャワーヘッドを小型のものに替える選択もありますが、まぁ、そのうちに慣れるでしょう。

20180702005fea.jpg

20180702001fea.jpg

20180702002fea.jpg

20180702003fea.jpg

20180702004fea.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

使い勝手③ LDK~家づくりは家族づくり

昨日に続き、今日の仙台も真夏日でした。
朝夕の2回のウォーキングは汗びっしょり。
一日に二度のシャワーと洗濯をしました。

さて、ちょっとしたWEB内覧会のようになっていますが、キッチンに続いてLDKのレポをしていきます。
住んでみて思うのは、18畳は狭くはないけど、広くもない…自分にとってはちょうど良い広さだと思っています。
もっとも旧宅は12畳だったので、尚更そう実感しているのかもしれません。
スペースはキッチン6畳、ダイニングが4畳、リビングが8畳の配分でしょうか。
縦長の間取りですが、家具の配置もしやすくて、使い勝手は良いですね。

ダイニングに隣接した壁面には1畳分の可動棚を付けたクローゼットを設置しました。
パントリーとリビング収納に活用する予定でしたが、入居して2ヶ月が経過した現在は食品や日用品、掃除機など雑多なものが詰め込まれています。
わずかなスペースですが、LDKをすっきりさせるには最高で、我家では必要不可欠な便利ツールとなりました。

ご覧のように取り立てて特長もないLDKですが、テレビを設置する側の壁面にはエコカラットプラス(ストーンⅡグレー)を貼りました。
これは建築中のレポにも書きましたが、複雑なデザインになるので職人さんも苦労したようです。
途中で施工が中断して心配もしましたが、出来上がりはばっちりで、我家で一番お気に入りの空間です(私の主観ですが…)。
あとは、床暖房を敷設しましたが、まだ冬を迎えていないので、その効果は分かりません。

最後にフローリングですが、ダイケンの『トリニティ』(チェスナット柄)を貼りました。
15坪までグレードアップできるというキャンペーンですが、これを選んだのは良かったと思います。
ダイケンさんのショールームでアドバイザーの説明を聞き、いっぺんに気に入りました。
材質、手触りは無垢材と見間違うほど、更に傷が付きにくく、床暖房との相性も良く、ワックス不要とあれば言うことなし。
タマリビングが勧めてくるフロアコーティングも必要ありません。
願わくは2階の床もこれにしたかったんですが、資金不足で泣く泣く諦めました。

20180701001dza.jpg

20180701008dza.jpg

20180701002dza.jpg

20180701006dza.jpg

20180701007dza.jpg

20180701004dza.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

使い勝手② キッチン~家づくりは家族づくり

18畳のLDKに対して、キッチン部分のスペースは6畳です。
タマホームの『大安心の家』はぺニンシュラキッチンが選択サービスとなるので、LIXIL(AS W2550)を選びました。
ASはタマホームがLIXILに造らせてるプライベートブランドのようです。
LIXILを選んだ理由は、人造大理石の天板、タッチレス水栓のナビッシュが標準で付くことが大きかったと思います。
また、『大安心の家』地域限定サービスとして、w1800のカップボード、食洗機が無料で付きました。
システムキッチンとカップボードのカラーはオニキスブラックで統一しました。

入居してから2ヶ月近く経ち、カミさんはキッチンを使いこなしているようです。
旧宅はガスだったので、オール電化のIHコンロはどうかな?と思いましたが、さにあらず…。
焼き魚も問題なくこんがりと焼きあがりました。
ナビッシュについては触れるだけで自動で水が出るのはいいですが、ちょっと水圧が高すぎるようです。
(調整のやり方が分からないのでそのままですが・笑)
キッチンの使い勝手はこれから経験値が上るほどに更になじんでくると思います。
もっともカミさんの居城みたいな場所なので、私がとやかく言うこともありませんが…。

解体した旧宅のキッチンは壁面に設置されていたので、料理をするカミさんはいつも背中を向けていました。
ぺニンシュラキッチンは開放的で、リビングの方向に視野が広がるので彼女も気に入っているようです。
ついでに言うと、ブラックウォールナットの一枚板のダイニングテーブルと、それを照らす後藤照明さんのレトロな照明『オリオン』もお気に入りです。

20180630001eda.jpg

20180630002eda.jpg

20180701009dza.jpg

20180630004eda.jpg

20180630003eda.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

使い勝手① 玄関~家づくりは家族づくり

我家が完成して2ヶ月経ちました。
単身赴任中の私は延べ5日間しか自宅で過ごせていませんが、カミさんの感想も踏まえて入居後の使い勝手などレポートしてみたいと思います。

まずは、玄関。
スペースは尺モジュールで3.5畳+シューズクローク1畳の計4.5畳の陣容です。
建築中は狭いかな?と思っていましたが、出来上がってみると、狭さは感じません。
何より、わずか1畳ですが、シューズクロークを設置したことは正解でした。
天井にはダウンライトと換気扇、使い勝手を考えて枕棚とポールを設置しましたが、天井が高いので収納量は十分。旧宅時代に庭に設置した物置に格納していた折り畳み自転車やガラクタはすべて収まりました。
ポールも便利ツールになっており、今の時期はウインドブレーカーや帽子、傘やホーキを掛けています。
また、入口には引き戸を付けたので、来客があるときは閉めてしまえば中も見えません。

玄関ドアはLIXiLのジエスタK2仕様で親子ドア。採光タイプなので、日中の室内は十分明るいです。玄関収納はダイケン製ですが、無料キャンペーンで1600ミリ幅にグレードアップできました。
靴の収納も大容量なので(確か、52足)、今はすっきりしていますが、これからカミさんの靴が増殖しそうです。
また、これも無料オプションとなりましたが、スリッパ収納も設置できたので、スリッパの外出しもなくすっきりしています。

次に、土間のタイルは標準仕様のTChicのラーバPM300/LV-81を選択。玄関ポーチや階段アプローチも同じものにしましたが、色がホワイトなので、やはり汚れは目立ちますね。
そのうち目地にも汚れが付着してくると思うので、デッキブラシでゴシゴシやらなくちゃいけないかも…。
玄関ホールの床材はダイケンのトリニティ(チェスナット柄)。
これはキャンペーンで1階部分をすべて貼ることができました。見た目や手触りも本物の無垢材と間違うような高級感があるアイテムだと思います。

続いて、照明は玄関ポーチと内玄関の土間部分、ホールにそれぞれ人感センサーのダウンライトを付けました。ポーチ以外はオプションになりましたが、センサー付きにしたのは正解だったと思います。
カミさんの話では、野良猫が横切ると玄関ポーチのセンサーが反応するそうです(笑)。
ちなみにトイレ(1階、2階)もセンサー付のダウンライトに統一したので、消し忘れを気にすることもなく便利だと思っています。
建築中のレポートにも書きましたが、玄関横のトイレは引き戸にしたこともあって、廻りの収納や建具のカラーとなじんで、違和感はありません。
来客もここがトイレだということに気づかないだろうと思います。

さて、玄関で気に入っているのは天井まで貼ったエコカラット(ニュートランス・ホワイト)。家の顔を演出する高級感がある幾何学模様と清潔感が気に入っています。

…ということで、間取りを作る過程でけっこう悩んだ玄関も出来上がってみれば、使い勝手を一番に置き、細部までこだわった満足がいく仕上がりになったと自負しています。

20180503003xsa.jpg

20180629001wsza.jpg

20180629004wsza.jpg

20180629002wsza.jpg

20180629003wsza.jpg

20180629005wsza.jpg

20180629006wsza.jpg

20180629007wsza.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

久し振りの帰省~家づくりは家族づくり

引越ししてから初めての帰省。
一月半ぶりです。

あたりまえですが、新居に帰ると生活の匂いがしましたね。
キッチンには鍋やまな板が置かれ、壁には掛け時計、リビングの間仕切りシェルフには観葉植物や雑多な小物が並んでいます。
時間が経つにつれ、なじんでいくんでしょうね。

カミさんに訊いたら、今のところ不具合はないとのこと。
思った以上に快適な生活ができているようです。

二日間を過ごしましたが、外の気温は32度でも、窓を開けていればエアコンなしで過ごせました。
夜もエアコンなしで快適に寝れますし…。
これまで、この時期になると寝苦しい夜を過ごしていましたが、信じられないくらい涼しいです。
もっとも、梅雨が明ければそんなこと言えないかもしれませんが…。

それと、嬉しかったのが太陽光発電。
一年で一番日が長い時期もあってか、電気使用額と売電額の差額は2か月連続で1万9千円超えでした。
7.2kwを搭載していますが、これが妥当な数字かどうかは分かりません。
しかし、気分的には電気代がかかっていないことが何よりもうれしいですね。
とはいえ、減価償却ができるのは遥か先ですが…。

さて、Web内覧会のような大げさな報告はできませんが、今後も家づくりのその後を小刻みにレポートしていこうと思います。

20180626001dea.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

マイホーム建替え作戦完了!!~家づくりは家族づくり

昨日、外構工事が終了しました。
初めてタマホームの展示場を訪ねてから1年2か月。
長かった我家の建て替え作戦が完了です。

単身赴任中の自分にとって、完成した我家に住めない歯がゆさはありますが、
今回の作戦を二人三脚で進めてきたカミさんは、快適な日々を過ごしているようです。

これから長い付き合いとなる我家ですが、可愛がってあげたいですね。
それが解体した旧宅の供養になるのではと思っています。

さて、今回の建て替え作戦。
全体を通しての満足度は、文句なし!!、作戦は成功した!!と言っておきます。
何より、タマホームを選んだことが間違っていなかったと思います。
営業担当、工務担当に恵まれたこともラッキーでしたが、家づくりに参画しているという充実感と自由設計のコンセプトのもと、自分で考えた間取りが実現されていくプロセスを見ることが何よりうれしかったですね。
大工さんを始め、家づくりに関わった多くの業者の皆さんはそれぞれがきちんとした仕事をしてくれました。

これから気づく部分も出てくるかもしれませんが、カミさんの話しでは今のところ不具合や不満はありません。
夏休みに帰省するのが楽しみですね。

そして、建て替え作戦のもうひとつ、外構についてですが、
地元の業者で施工したことが良かったと思います。
こちらの無理な希望をしっかりと実現してくれました。
職人さんたちの人柄や丁寧な仕事にも改めて感謝したいと思っています。

もうすぐ還暦を迎える自分にとって、けじめの年に人生の一大事業である家づくりができたことは一番の収穫。
離れて暮らす私たち家族にとって、今回の家づくりが必ず役立つものになってくれると信じています。

20180601001fes.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事20日目~家づくりは家族づくり

カミさんからのLINE。
フェンスが設置されました。
駐車スペースの土間もコンクリが固まり、さっそくクルマを止めました。
後はクルマ止めと側溝の蓋、既設ブロックの修繕美装で終了です。

20180525001ewsa.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事18日目~家づくりは家族づくり

カミさんからのLINE。
外構工事も18日目に入り、土間は概ね完成したようです。
解体前の既存のブロックを再利用しているので、新たに設置したブロックとの色の違いは歴然です。
カミさんによると、高圧洗浄も効果がなかったようです。
20数年の歴史の"垢"は名実ともに取れないですね。

さて、5月12日に引越しをしてからすでに10日が経過しましたが、私が新居で過ごしたのはわずか3日。
住み心地については何も答えられませんが、カミさんの意見を訊くと、修繕・改善箇所もなく満足度は高いようです。
いずれ今回の『マイホーム建て替え作戦』の総括をしたいと思いますが、今のところタマホームで建てた選択は間違っていなかったと思っています。

20180522001vbg.jpg

20180522003vbg.jpg

20180522002vbg.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事17日目~家づくりは家族づくり

カミさんからのLINE。
土間にコンクリが打たれ、工事もいよいよ終盤です。
我家の外構は庭をなくして駐車スペースを拡大しました。
更に門扉なしのオープンなので、コンクリートとタイルのみの無機質なイメージです。
自分の思い描いていたイメージがカタチになるのは素直に嬉しいですね。

残りはフェンスの設置。
完成が待ち遠しいです。

20180521004esza.jpg

20180522009vbg.jpg

20180521003esza.jpg

20180521002esza.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事16日目~家づくりは家族づくり

カミさんからのLINE。
日曜日の今日は、休みを返上してコンクリを打つための下地づくりが行われました。
ようやく全貌が見えてきた感じです。
明日はいよいよ土間完成です。

20180520005dsza.jpg

20180520002dsza.jpg

20180520004dsza.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事15日目~家づくりは家族づくり

カミさんからのLINE。
工事は15日目に入りましたが、休日と雨中止を除くと、作業日数は延べで8日程度です。

今日は土間のスリットに見切りレンガ(ミルドブリッド60)が敷設されました。
画像を見ると、ブロックの色の違いが分かります。
既設のブロックを撤去せずに再利用したので、仕方ありません。

20180519001fxw.jpg

20180519003fxw.jpg

20180519002fxw.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事12日目~家づくりは家族づくり

カミさんからのLINE。
デッキタイルと階段アプローチが出来上がりつつあります。
タマホームの基礎は40センチあるので、高さ25センチのデッキを設置して段差を少なくしました。
もっとも、リビング側の掃き出し窓から出入りすることはありませんが、万が一の転落を考えると、見栄えより実利を選ぶことにしました。
我家の土地の特長からか、玄関までは約1.3メートルの段差があるので、アプローチには階段を作らざるを得ません。
スペース的にもスロープにするほどの余裕もないので、7段の階段を作り、玄関ポーチと同じタイルを張りました。
カラーはホワイトなので、思いっきり汚れるでしょうね。
ゆっくりと進んでいく外構工事ですが、カーポートと機能門柱の設置が終わり、駐車スペースの土間の工事がようやく始まります。

20180518001rdx.jpg

20180518002rdx.jpg

20180518003rdx.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

DIY?をしました~家づくりは家族づくり

引越の翌日、ちょっとしたDIYをしました。
①洗面所のタオルハンガー、バスタオルハンガー
②洗面所の洗濯機の上の棚
③トイレのつっぱり棚

①~③は間取りを作っていくうえでずっと気になっていた設備です。
①と②は下地を探して設置しましたが、③は下地がなかったので、あえなくつっぱり棚で代用です。
一坪しかない洗面所は狭く、収納が作れなかったのが設計上の不満です。
ちなみに、タマホームでは下地の設置一か所につき5000円です。

ちょっとカッコ悪いですが、まぁ、良しとします。

20180517001edxa.jpg

20180517002edxa.jpg

20180517003edxa.jpg

20180517004edxa.jpg

20180517005edxa.jpg

20180517006edxa.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

外構工事11日目~家づくりは家族づくり

本当なら4日前に完成している外構工事ですが、雨にたたられて遅々として進まず。
ようやく階段のタイル張り、カーポート、機能門柱の設置が始まりました。
駐車スペースの土間のコンクリ仕上げはまだ先になりそうです。

このところの暑さで、頑張っていただいている職人さんに感謝です。

20180515009txs.jpg

20180515008txs.jpg

201805150011txs.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

引越をしました~家づくりは家族づくり

5月12日に引越をしました。
さすがに疲れましたね。
年には勝てません。
ともあれ、新居での生活がようやくスタートです。

当日は引越業者以外にもネット環境の工事(コミュファ光)やエアコン取付工事もあって、これがほぼ同時間帯に重なったことで文字通りバタバタの状況となりました。

ちなみに引越代金は、40,000円。
2トンロングで2名でした。
前回の仮住まいへの引越と同様、サカイさんにお願いしましたが、おそらくかなり勉強してくれたんじゃないかと思います。
一生懸命運んでくれた若者二人の労をねぎらって、昼ごはん代程度の寸志を手渡しました。

20180515001txs.jpg

20180515002txs.jpg

20180515004txs.jpg

20180515003txs.jpg

20180515005txs.jpg

20180515007txs.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

家具搬入~家づくりは家族づくり

カーテンの次は家具の搬入です。
我家にとって後にも先にも一番の家具、ブラックウォールナットのダイニングテーブルが届きました。
これを待っていたんです!!
スタイリッシュな鉄脚に8センチ厚の一枚板…惚れ惚れします(笑)。

このテーブルに合わせるための照明もさんざん悩んで、『後藤照明』さんのオリオン(鉄鉢・CP型BR) を2灯設置しました。
レトロな雰囲気が似合っていると勝手に思っています。

20180507011edza.jpg

20180507013edza.jpg

20180507014edza.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

カーテン取付~家づくりは家族づくり

引き渡しが終わって最初に行った作業はカーテンの取付です。
業者を決めるにあたって見積もりを4社で取り、最終的に地元チェーン店の『サンレジャン』さんにしました。
予算は20万円でしたが、見積もりを取った4社すべてがそれをオーバーし、最終的に決めた『サンレジャン』さんは23万円となりました。

内訳は、
・ドレープ
 掃き出し窓用…4ヶ所
 腰高窓用…3ヶ所
・レース…7ヶ所
・ロールスクリーン…1ヶ所
・ブラインド…3ヶ所
合計11ヶ所に18枚のオーダー、既製品を織り交ぜて設置しました。
ドレープカーテンはすべて遮光タイプにしました、

三名での作業は約1時間。
手際よく設置していただきました。

カーテンが付いたことで、殺風景な部屋も華やかになりました。

20180507007edza.jpg

20180507006edza.jpg

20180507008edza.jpg

20180507010edza.jpg
※スマホで撮影

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ