2012 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 06

今年もゴーヤー栽培を始めたぞ!

今年で4年目を迎えたゴーヤー栽培。
朝からネットを組立て、ホームセンターで苗を買って、いよいよスタートだ。
いつものアバシゴーヤーと、苦味が少ないという白ゴーヤーを植えてみた。
ついでに、ミニトマトとキュウリも。
土は昨年にカミさんの実家から貰ってきたモノだけど、
パンジーやビオラを植えていたので、おそらく栄養分はないかもしれない。
念のため、肥料入りの培養土を雑ぜて、プランターに入れ替えることにした。

さて、今年の緑のカーテンはいかに…。

goya2012052701

goya2012052702

goya2012052703

goya2012052704

goya2012052705
※写真上から…組み立てたネット/白ゴーヤー/アバシゴーヤー/ミニトマト/キュウリ
スポンサーサイト
[ 2012/05/27 ] ゴーヤー観察日記 | TB(0) | CM(0)

縄文杉に会ってきた~種子島編

【種子島編 5/24】
種子島は歴史と陽光の島だ。
屋久島のついでに…程度に考えて、
あまり期待してなかったけど、

いやいや、どうして。
素晴らしい景観に驚きました。

kago015

kago016

kago018

kago017

kago014

kago018a

kago013
※千座の岩屋で。修学旅行の高校生たちに会った/洞窟は引き潮になると1000人が座れる大きさだ/同/種子島は、花咲く島/猫が眠たげに憩う午後
[ 2012/05/26 ] | TB(0) | CM(1)

縄文杉に会ってきた~屋久島編②

【屋久島編② 5/23】
翌日、3時起床、5時30分登山開始。
延々と続く森林軌道のトロッコ道を歩く。

予期せぬ“快晴”の中、往復9時間をかけて、
樹齢7200年ともいわれる“森の主”に会ってきました。
ようやく出会えた縄文杉。

人生観が変わるだろうか…。

kago009

kago012b

kago010

kago012c

kago011

kago012

kago012a
※荒川登山口から縄文杉に向けて登山が始まる。廃止となった森林軌道跡を歩く/トロッコの残骸が哀愁を誘う/鬱蒼とした屋久杉の森に光が差し込む/ウィルソン株の中から空を見上げる/やっと出会えた縄文杉/同/同
[ 2012/05/26 ] | TB(0) | CM(0)

縄文杉に会ってきた~屋久島編①

【屋久島編① 5/22】
屋久島は雨だった。
2時間半前に快晴の鹿児島港を出航したことが嘘のようだ。
激しく叩きつける雨に濡れながら、屋久島に第一歩を記す。
月に35日間雨が降るといわれる屋久島だけあって、
雨の歓迎は予想したとおりか。。。

レンタカーを借りて、まずは足慣らしのハイクへ。
白谷雲水峡を歩いた。
新緑の森は雨に煙って、幻想的な景観だった。
森が、とにかく深かった。

山を下りると、島は晴れていた。
世界遺産の中心的な森を通る西部林道では、
ヤクシカやヤクザルの歓迎を受けた。
これほど自然が残っている場所は初めてだ。
「日本の滝100選」に選ばれた、千尋の滝、大川の滝。
そして、沈む太陽。
その壮大なスケールに舌を巻いた。

kago004

kago003b

kago003a

kago006

kago007

kago008

kago005

kago019
※写真上から…白谷雲水峡の森/同/同/竜神の滝/千尋の滝/大川の滝。この滝は“ファイト一発!”のCFで有名/永田の海の落陽/トビウオの唐揚。残さず全て食べられる。
[ 2012/05/26 ] | TB(0) | CM(0)

縄文杉に会ってきた~鹿児島編

カミさんと鹿児島から屋久島、種子島を回る旅に行ってきた。

“屋久島に呼ばれる”とは、よく言われることだが、
やはり惹かれるものはあったみたいだ。
世界遺産の森を彷徨い、往復22キロ、9時間をかけて辿りついた縄文杉。
その姿はしばらくの間、僕の頭からは消えないだろうと思う。

それと、最後に立ち寄った鹿児島県知覧町の特攻平和念館も、
その印象は同じように残っていくと思う。

【鹿児島編5/21-22】
鹿児島に着いた早々、強烈な降灰の歓迎を受けた。街中が灰をすっぽりと被ってしまった様子はただならぬ気配。
マスクを付けずには歩けない。
目にも髪にも、風に舞い上がった桜島の灰がじゃりじゃりと入り込む。
そんな中、屋久島へと船は出港した。

kagoshima001

kagoshima002

kago003
※噴煙を上げる桜島/黒いクルマは降灰で真っ白/見事な円錐形の開聞岳。屋久島は近い(トッピーから)
[ 2012/05/26 ] | TB(0) | CM(0)

指宿にいます

屋久島と種子島を回って、指宿に来ています。
屋久島では好天に恵まれ、念願の縄文杉に会ってきました。
往復9時間の山旅は感動モノでした。

ホーロー看板は屋久島、種子島ともほとんどありませんでした。
明日は、指宿から薩摩半島を回って帰宅します。
天気が良いことを祈ります。
[ 2012/05/24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

金環日食を観た

これから屋久島に向けて出発するのですが、
その前に世紀の天文ショー「金環日食」を観た。

快晴に晴れ上がった自宅から、7時35分に完全に輪になった太陽を撮った。
肉眼では観れないから太陽に背を向けてカメラのシャッターを押した。
見事な輪が撮れました。
屋久島旅行のはずみがつきました。

kinkan001

kinkan002

kinkan004


kinkan003
[ 2012/05/21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

屋久島へ

いよいよ明日から屋久島へ出発。
準備も完了して、あとは天気かな。
ちょうど日食に重なったけど、明日の鹿児島地方は曇時々雨。
まぁ、仕方ないね。

屋久島と種子島、指宿を回って、金曜日に帰宅します。
勤続30周年のリフレッシュ休暇ですが、
カミさんと二人で楽しんでこようと思います。

屋久島ガイド
[ 2012/05/20 ] | TB(0) | CM(0)

「河北新報のいちばん長い日」

ドラマ化もされて話題になった本。
東京出張の往復の新幹線の中で、一気読み。

東日本大震災という未曽有の災害に遭遇したなかで、
新聞を毎日発行し続けるという社員達の執念が、この本の骨格である。
創業以来114年間に渡っての新聞事業へのこだわりが、企業理念と見事に調和して、
社員一人ひとりにDNAとして受け継がれているのだ。

また、東北で起こった災害を、東北の新聞社として、東北の人々に伝えたいという
強い使命感で、スクープばかりにこだわらず、読者の顔を見ながらタイトルの
一字一句にまで気遣いをするスタンスがすばらしい。
「死者」ではなく「犠牲者」と置き換える心遣いである。
河北新報が長きに亘り、地域に根ざす新聞として、地元民から支持されているゆえんだろう。

実名による文章も真実感があり、ノンフィクションの読み物としても成功していると思う。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
(2011/10/27)
河北新報社

商品詳細を見る
[ 2012/05/16 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

東海自然歩道ハイク

今月末に行く屋久島のトレーニングを兼ねて、カミさんと東海自然歩道を歩いてきた。
愛知県瀬戸市にある定光寺の駐車場にクルマを置いて出発。
およそ8キロのコースを2時間半かけてのんびりと歩いた。
新調したシューズを試すのと、山道の足慣らしが目的でしたが、
爽やかな5月の風に触れて、気持ちがいいハイクができました。

定光寺1

定光寺2
[ 2012/05/12 ] 登山/自転車 | TB(0) | CM(0)

荒牧陽子はスゴイ!!

何気なくテレビ見ていたら、荒牧陽子さんの特集をやっていた。
ものまね女王で突然ブレイクした、話題の人である。
岡山から歌手を夢見て上京して、苦節10年。
ようやくつかんだチャンスが、ものまねだった。
しかし、その圧倒的な歌唱力は他の追随を許さないレベルだ。
こうした人が埋もれていたとは信じがたい。
何度もオーディションで不合格になり、芽が出なかったという。

願わくは、オリジナルの楽曲でメジャーになって欲しいと切に願う。
彼女なら、世界的なレベルの歌手になれるのではないかと思うのである。
[ 2012/05/06 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

佐渡ひとり旅

連休後半の3日間、悪天をついて佐渡島に行ってきました。
目的はホーロー看板探しですが、日本に残された“稀有な昭和の風景”とでもいいましょうか、
ノスタルジックな思いをたっぷりと感じてきました。
いっぽうで、漁村がぽつりぽつりと出てくる荒涼とした海岸線は、そこはかとない寂しさ。
繁栄の島とはいいがたく、もっと多くの人々が来島され、お金を落とすべき、と思いました。

佐渡1

佐渡2

佐渡3

佐渡4

佐渡5

佐渡6

佐渡7

佐渡8

※写真上から/ようこそ佐渡へ(両津港)/相川の町並み/両津の町で/田切須崎あたり/同上/佐渡金山/宿根木の町並み/同上
[ 2012/05/05 ] | TB(0) | CM(4)

新潟にいます

佐渡からの帰還途中で、新潟駅近くのネットカフェにいます。
しばらく時間をつぶして、名古屋行きの夜行バスに乗ります。
天気が悪い3日間でしたが、念願の佐渡でホーロー看板探しができました。
古い町並みや佐渡金山もなかなかよかったです。
帰宅したら、また報告しますね。
[ 2012/05/04 ] | TB(0) | CM(0)