北関東、昭和が残る町へ②~栃木

旅に出て二日目、蔵の街・栃木を歩きました。
木造の古い民家や商家、白壁の土蔵が軒を並べる景観は素晴らしいですね。
県庁所在地の宇都宮市が新しい街だとすると、栃木市は古き良き歴史の街。
硝子越しに肥料店の店先を覗くと、年季が入った帳場や腰かけ(椅子ではない)が目に入りました。
そこにはゆっくりと時を刻む空間がありました。
我が国に残された、稀有な街だと思います。

2017032700atra11.jpg

2017032700atra12.jpg

2017032700atra13.jpg

2017032700atra14.jpg

2017032700atra15.jpg

2017032700atra17.jpg

2017032700atra19.jpg

2017032700atra18.jpg
※撮影/Canon EOS60D EF-S18-135mm F3.5-5.6IS 栃木市 3月25日 

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

スポンサーサイト
[ 2017/04/02 ] | TB(0) | CM(2)