2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

原田眞人監督作品『日本のいちばん長い日』を観た

あたかも8月15日の終戦記念日に観ました。

気になっていた映画ですが、これまでよく知らなかった終戦の舞台裏を曲がりなりにも理解できたことが収穫でした。
いかに戦時下とはいえ、広島、長崎に原爆が投下され、ソ連が宣戦布告してきてもなお、一億総玉砕を叫ぶ軍部の姿は"戦争の狂気"ならではと思います。
軍部の狂騒と国民感情の大きな乖離が、8月15日に集約されていたのではないかと感じました。
結果的には真夏の世の夢に終わってしまったクーデターですが、こうした事実を知らずに育った戦後生まれの我々にとって、大きな犠牲を払って今の世があることを知っておくべきではないかと思います。

阿南陸軍大臣を演じた役所広司の演技はもちろんですが、昭和天皇役の本木雅弘の円熟味を増した演技に感服しました。
もう一つ、東条英機を演じた中嶋しゅうという俳優、あまりのそっくりさに驚きました。


20150816014.jpg


メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1149-102c3089