東京ぶらり歩き②

ちょっとおぞましい話&画像なので、興味がない方はスルーしてください。

以前から気になっていた『目黒寄生虫館』を訪ねました。
日本で最初に設立された民間の寄生虫研究機関です。

この博物館を知ったのはずっと以前に亀谷了著『寄生虫館物語』(1994年、文芸春秋)を読んでから。
人間の体内から出てきた9㍍もあるサナダ虫の話にはビックリ。
ぜひとも実物を見たいと思っていました。

この博物館を見学して思い出しましたが、昭和30~40年代の僕が小中学校の頃、学校で「ぎょう虫検査」というのがありました。
小学校の頃はマッチ箱のようなに箱にウンチを入れて持って行ったし、中学校の頃は透明の粘着シートを肛門にぺたりと貼りつけて寄生虫の卵の有無を検査していました。
当時はお腹に寄生虫を飼っている生徒はたくさんおり、給食の後には皆が並んで虫下しのクスリを飲む風景がありました。
僕は寄生虫には縁がなかったですが、クスリを飲んだ翌日、回虫が出てきたという話を友達からよく聞いたことを思い出します。
もう一つ、当時大好きだった昆虫採集で、「ハラピロカマキリ」という大型のカマキリを捕まえて標本にしようと腹を裂いたとき、中から10センチ以上もある回虫のような虫が飛びでてきて、跳ねるように床を這っていたこともおぞましい経験。
今回の見学で、これはカマキリに寄生する「ハリガネムシ」という寄生虫だということも分かりました。
遥か遠い昔の頃の思い出ですが、寄生虫にまつわる話をいまだに覚えていることに自分ながら驚きます。

さて、この施設。
入館無料というのもうれしいです。
噂には聞いていましたが、デートスポットとしても有名らしく、カップルの見学者もたくさんいました。

それと、気になっていたサナダ虫ですが、あまりの大きさに思わず「ひぇ~」と唸ってしまいました(笑)。


20151216004.jpg

20151216005.jpg

20151216006.jpg
20151216007.jpg
※撮影Canon PowerShot G9  
※『目黒寄生虫館』 東京都目黒区下目黒4-1-1 月曜休 


メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/17 ] 町歩き | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1231-7ebfbb8b