原発性アルドステロン症 術後1年6ヶ月

左副腎摘出手術をして1年と6ヶ月が経ちました。
早いものです。
あっという間でした。

現在の状況ですが、朝の血圧は125-83前後、夜は118-78前後といったところが平均です。
お酒を飲んだ翌日や医療機関で計ると高い数値が出たりしますが、気にしていません。
腎機能もまったく正常で、副腎疲労による体調変化もありませんし、副腎が片側しかないというハンデは全く感じません。

降圧剤は手術の翌日から飲んでいないので、手術によって高血圧が改善したことは疑う余地がないと思っています。

ただ、健康状態は万全とは言えず、このブログでも書きましたが、逆流性胃炎による胃痙攣の予防を兼ねて、胃薬を続けていますし、最近では花粉症を発症してアレルギーのクスリも飲んでいます。

クスリに頼らない生活を目標としてきましたが、なかなかうまくはいきませんね。

それと、このブログではあまり触れていませんが、呼吸内科で『睡眠時無呼吸症候群』の治療も続けています。
手術前検査で中等レベルの無呼吸があるということが発覚し、それ以来毎日、『C-PAP』という睡眠時にいびきを抑制し、呼吸の正常化をサポートする吸入器のような器具を取付けて寝ています。
この治療によって、日中に眠くなることはなくなりましたが、手放せない器具なので、出張にも持参したり、これがけっこう面倒です。
おそらく無呼吸症候群は完治しない病気だと思いますので、この器具とは一生付き合わされそうです。

いびきをかく人の多くが無呼吸症候群の可能性があると言われています。
私の場合は手術前の検査で偶然分かりましたが、心当たりがある人は積極的に検査されたほうが良いかと思います。
無呼吸と高血圧の関連性もあり、また心不全や脳卒中のリスクも高まるようです。

話が逸れましたが、たかがいびきと思わずに検査をおススメします。

さて、原発性アルドステロン症ですが、このブログを読まれた多くの方々から質問等をいただいています。
運よく、私の場合は術後の経過がうまくいっている例かもしれませんが、こればかりは人それぞれのようです。

同病で苦しむ皆さんの参考になるように、今後も経過報告をしていきたいと思います。


20160316001.jpg
※スマホで撮影。北海道女満別上空から見た風景。オホーツク海が見えます。


★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ

関連記事
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/04/07 18:58 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

月子さん、
コメントありがとうございます。

3回のサンプリング検査、大変でしたね。
あの痛みを経験している自分としては、その辛さがよく分かります。
手術をするかしないかは、ご自身で判断されるしかないかと思います。

私の場合は、初めから手術を望んでいました。
クスリで押さえ続けて一生付き合っていく自信がなかったのと、毎月の通院と薬代の出費も考えて、迷わず手術を選択しました。
検査の結果が片側腫瘍で、手術ができると聞いた時は本当に嬉しかったですね。

私が手術を受けた東北大学病院は、この病気の治療実績も全国的にトップクラスであったこともあり、安心して任せることができました。

やはり手術となると、主治医との信頼関係か不可欠だと思います。

応えになっていませんが、慎重に判断されるのが良いかと思います。
[ 2016/04/08 23:40 ] [ 編集 ]

はじめまして☆

こんにちは。
私も、原発性アルドステロン症です。
つちのこさんのブログを見て、東北大学病院のことや術後の経過等を知りました。
この3月から、私もブログをはじめました。相互リンクでなくてよいので、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか。よろしくお願いします。
[ 2016/05/19 21:05 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして☆

ゆまさん、こんにちは~
リンクの件、承知しました。

原発性アルドステロン症はあまり知られていない病気ですが、きちんと治療すれば完治もできます。
お互い頑張りましょう。
[ 2016/05/21 15:36 ] [ 編集 ]

No title

よろしくお願いします☆リンクトップページに貼りました☆
[ 2016/05/21 20:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/06/26 03:50 ] [ 編集 ]

Re: 原発性アルドステロン症について

つゆくささん、長期の出張中のため、レスが遅れまして申し訳ありません。
ご病気痛みいります。
私の現在の状態は血圧も全く正常で、片側副腎になったハンデは感じません。
ブログにも何度か書きましたが、手術をしたのは良かったと思っています。
手術かクスリかはご自身で決められるしかないかと思いますが、私の場合は初めから手術を希望していました。
両側に腫瘍があった場合は諦めるしかありませんが、片側だったので、嬉しかったですね。
術後の経過は人それぞれと聞いています。
これから決断されることと思いますが、ご健闘をお祈りします。
早く良くなられますように。
[ 2016/06/28 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1300-617534a8