京都『珍元』中華そば&チャーハン

京都ぶらり歩き中に偶然飛び込んだ店。
わずか7~8席ほどのカウンターのみの狭い店内ですが、混み合っています。

お母さんとお嬢さん?の二人で切り盛りしています。
中華そば(並550円)とチャーハン(小300円)を注文。

中華そばはチャーシューもたくさん入って、九条ネギどっさり、背油が浮かんでいます。
京都ラーメンにありがちな麺の柔らかさもなく、コシがあって私好みの弾力です。

チャーハンも美味しいですね。

お母さんの接客もすばらしく、「おおきに!! ありがとう~」の一言が嬉しかったです。

帰宅してから知りましたが、このお店は伊丹十三監督作品『たんぽぽ』のモデルになったということです。
また再訪したいお店です。

20160507003.jpg

20160507002.jpg

20160507001.jpg
※スマホで撮影
※『珍元』京都府京都市中京区壬生相合町20 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

関連記事
スポンサーサイト

はじめまして

わたしは、初めて入る中華店では、必ずラーメン、チャーハンを頼みます。
柔らかい麺はダメです。従って、天下一品には、入る勇気が湧きません。
[ 2016/05/16 07:27 ] [ 編集 ]

Re: かんちゃんSr. さんへ

コメントありがとうございます!
チャーハンが美味しい店は他のメニューも旨いと勝手に思っています。
私も天下一品のドロドロスープは苦手です。
京都ラーメンとは違う系統だと思いますが、京都のイメージがついてしまってますね。
[ 2016/05/17 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1345-8a1d9dae