『聖の青春』原作を読んで映画を観る

森義隆監督作品。
1998年に29歳の若さで亡くなったプロ棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名のノンフィクション小説の映画化です。
2000年に上梓されたこの小説を読んで強く印象に残っていましたが、16年の時を経て映画化されたと聞いて早速観てきました。
村山聖を演じたのは松山ケンイチ。
村山に似せるために体重をかなり増やした体当たり演技で、生前の村山の癖をまねるなど雰囲気もそのままだったようです。
そして、村山の終生のライバルになった羽生善治は東出昌大が演じていますが、こちらもなかなか似合っていました。
久し振りの映画でしたが、笑いや涙もあって素直に楽しめました。

ところで、原作の『聖の青春』(大崎善生著)ですが、2000年4月に読書評を書いていますので貼っておきます。

■『聖の青春』 大崎善生(ノンフィクション/講談社) ☆☆☆☆★ 4/30読了
ちょっと泣けてしまった。将棋に多少でも興味のある人だったら、関西の天才棋士・村山聖(さとし)の名は聞いたことがあるはず。この本は29才で癌のため亡くなった村山氏の素顔をあますことなく描いている。
実は僕も将棋が好きで、村山氏の強さを驚きをもって見ていた。東の天才・羽生に勝てるのは村山しかいないと言われたほどの逸材で、頂点に最も近い男であった。しかし、それを目前にしながら平成10年、氏はついに帰らぬ人となった。幼い頃からネフローゼという不治の病に侵され、入退院を繰り返し高熱と体調の悪さと闘いながらも対局に挑む姿は、あまりにも壮絶であり、真摯で崇高でもある。
将棋という勝負の世界に棲む“魔物”はこれほどまでに人の心を支配するものなのか。人生を太く短く駆け抜けたひとりの棋士の生き方は、読む側に壮絶なまでの美しさと感動を与えることだろう。
余談であるが向かうところ敵なしと言われたアマチュアの無頼漢棋士を描いた『真剣師・小池重明』(団鬼六)もオススメである。

201612040029.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/04 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1493-4faf9a5a