映画『沈黙-サイレンス-』を観た

マーティン・スコセッシ監督の話題作『沈黙-サイレンス-』を観ました。
封切日の初回ですが、154席の会場の入りは3割ほど。
三時間近くの長い作品も、あっという間に終わってしまったという感じ。
トイレを我慢することもなく、久し振りに映画の世界に引き込まれました。

この作品は江戸時代初めの長崎が舞台。
幕府のキリスト教弾圧に苦しむ切支丹と宣教師の物語です。
原作は遠藤周作の同名小説。
40年以上前の高校生の頃に読みましたが、内容はすっかり忘れていました。
改めて映画を観てみると、胸に迫るものがありましたね。
当時の日本がキリスト教を邪宗と決めつけ、なぜそこまで排除しようとしたのか考えさせるものがありました。
ハリウッドデビューとなった隠れ切支丹キチジローを演じた窪塚洋介の演技も素晴らしく、若手女優の小松菜奈もよかっですね。
久し振りに見ごたえのある作品でした。

chinmoku5125.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/24 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1537-d4d22087