2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

仙台『とりっこ文店』比内地鶏のラーメンと親子丼

文化横丁という仙台でもディープな一角にあります。
飲み屋や飲食店が軒を並べる、昭和レトロが漂う路地というシチュレーションですね。
もっともこれは創られた演出ではなく、昔からこんな感じだったようです。
そんな一角にあるのが『とりっこ文店』さん。
日曜の昼下がり、「やってるよ」という看板に誘われて、ついふらりと入店。

(…客が一人もいない)
(しまった…)
店に入った瞬間に、出ようと思いました(笑)。
しかし、一人で切り盛りする実直そうなご主人の「いらっしゃい」というあいさつに意を決して、カウンターの客になることに。

さて、メニューはいろいろありますが、この店は秋田の比内地鶏を使っているということなので、醤油ラーメンとミニ親子丼がセットになったCランチ(1000円)を注文しました。

そのお味ですが…
スープはちょっと醤油が強いですね。
比内地鶏の風味は感じません。
全体の印象は、まぁ、ふつうの醤油ラーメンといった感じ。
餃子のような固めのワンタンがトッピングされています。
そして、比内地鶏の親子丼ですが、鶏肉は焼き目もあって美味。
玉子はそれなりのコクと甘味があるので、比内地鶏の味がします。

この店の本筋は焼き鳥店のようです。
カウンターには秋田の地酒がずらりと並んでいました。
旨いラーメン店がしのぎを削るこのエリアからすると、再訪はないかなぁ…と思いますね。

2017031100a8.jpg

20170301000a13.jpg

20170301000a14.jpg

20170301000a15.jpg

20170301000a16.jpg

20170301000a17.jpg
※スマホで撮影
※『とりっこ文店』宮城県仙台市青葉区一番町2-3-41 文化横丁 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1660-2cf2c020