2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

滅失登記をしました~家づくりは家族づくり

上棟を終えて、仙台のねぐらに戻ってきました。
滞在中に、1月に解体した旧自宅の滅失登記申請をしました。
当初は新築の登記と合わせて、タマホームが勧めるがまま土地家屋調査士にお願いするところでした。
しかし、調べてみると、素人の自分でも何でもなくできるレベルの申請と分かったので、滅失登記については自分ですることにしました。
タマホームの営業所で紹介された土地家屋調査士さんは、正直者なのか、がっかりした顔をしていましたが(笑)、これで3~4万円浮くわけなので、自分でしないわけにはいきません。

申請は簡単でした。
用意するものは、以下の4点の資料のみ。
 ①登記申請書→法務局が発行したフォーマット(ネットでダウンロードできます)
 ②建物滅失証明書→解体業者が作成した証明書
 ③解体業者の印鑑証明書→会社法人番号が記載されているもの
 ④建築場所が分かる地図コピー

以上です。
面倒なものは何もありません。
②③はタマホームで用意してもらいました。④は地番が明記されていれば、グーグルマップの地図コピーで十分です。
①の登記申請書は滅失登記の書き方をネットで検索して記入しました。

資料が揃えば、後は法務局に持っていくだけです。
岐阜地方法務局では、あらかじめ登記相談の日程と時間の予約が必要でしたが、実際に窓口で申請を行ってみたら、ほんの10分程度で受理されました。
法務局の流れとしては、申請→現地確認→登録完了ということです。
後は頃合いをみて、法務局に登録証明書を取りにいき終了です。

さて、申請の手数料ですが…
なんと、タダでした。
ちなみに、滅失登記は法的には解体完了後一ケ月以内にしなければなりませんが、実際にはそれを過ぎても受理されます。

20180309001wsqa.jpg

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/1969-3240abfb