2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

『黒部の太陽』を観た!

ついにというか、念願かなって日本映画の大作『黒部の太陽』(1968年 熊井啓監督)を観た。
主演は石原裕次郎VS三船敏郎。
この映画は、故石原裕次郎の「映画は大きなスクリーンで観て欲しい」という生前の希望もあり、
テレビ放送、DVD化はされていない。
今回はまき子夫人の努力もあって、「裕次郎の夢」と題してチャリティー鑑賞会を実施し
1968年の劇場公開以来44年ぶりに、全国の公共施設で一般公開されることになったということだ。

今日、僕が見たのは愛知県一宮市民会館というところで、1500席がほぼ満員状態の盛況だった。
前売券(1000円)をうっかり買い忘れて、限定100席分の当日券(1200円)を求めて会場に行く
という綱渡りだったが、ほとんどの人がコンビニで前売りを購入していたようで、
僕みたいに当日券を求めて直接来た人はあまりいなかったみたいだ。

ともあれ、観たかった映画です。
スケール、ストーリー、迫力、どれをとっても素晴らしかった。
3時間15分の全編のうち、途中休憩が入るというのも初めて。
日本映画史上に残る金字塔だと思います。☆☆☆☆☆

kurobenotaiyo
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/603-5ccf0900