久しぶりの洗濯日和

今日の仙台は、久しぶりに朝から青空が広がった。
こんな日は洗濯日和だ。
朝食後のウォーキングを終えて帰宅した後、
その場で脱いで汗みどろになったトレーニングウェアや下着を洗濯機に放り込む。
とにかく久しぶりの青空なんで、クローゼットに閉まっておいたコタツ布団や枕カバーもベランダに干した。

夕方になると天気はぐずつき始めた。
いつもの曇天の仙台に逆戻りだ。

洗濯モノはしっかり乾いていたので、アイロンかけ開始。
ワイシャツ5枚とポロシャツをかける。
気づいたら額に汗を滴らせて、鼻歌なんぞ唄ってる。
いつのまにかアイロンがけが好きになっている自分が怖い(笑)。

そういえば幼い頃、亡くなった母が汗を拭きつつアイロンをかけていたのを思い出す。
今のようにスチーム機能はなかったんで、霧吹きを咥えて水を吹きかけながらアイロンをかけていた。
僕は母の姿を見ながら、霧吹きがしたくてしょうがなかった。
もう50年も前の話だ。

つい3か月前までは、アイロンがけなどしたこともなかった。
カミさんはいつも僕のシャツにアイロンをかけていた。
そんなことを思うと、母の姿とカミさんがオーバーラップしたみたいで、
少しセンチメンタルになってしまった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/680-ca12c618