2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

ちょっと過激な乗り鉄旅④ 【北東北 前編】

青春18きっぷを使った旅の最後は、1泊2日で行く北東北の旅です。
今回のコースは、
1日目…仙台→一ノ関→盛岡(JR東北本線)→好摩(いわて銀河鉄道)→大舘(花輪線)→秋田(奥羽本線)
2日目…秋田→酒田(奥羽本線)→新庄(陸羽西線)→横手(横手線)→北上(北上線)→一ノ関→小牛田→仙台(東北本線)

…2日合わせて、25時間乗りまくりの旅です。

初日は、仙台から乗った電車を岩手県の一ノ関駅で下車することからスタートです。
45分の待ち時間の間、駅前をぶらぶらと歩きましたが、駅前というのに、ほとんど人が歩いていないという閑散たる風景がありました。
東北の人口空洞化を象徴するような寂しい実態です。昼間のネオンが消えた飲み屋街は更に侘しさが募りました。
一ノ関から盛岡に移動し、第3セクターのIGRいわて銀河鉄道の連絡時間までの間、岩手に来た時には必ず立ち寄るじゃじゃ麺の店へ。
大盛りをぺろりと平らげてしまいました。
盛岡から好摩を経由して、JR花輪線で大舘へ。途中の安比高原あたりは2~3メートルの積雪量がありました。
大舘からはJR奥羽線で秋田までです。右手には八郎潟の水平線と、雪を抱いた男鹿半島の稜線が見えました。
17時25分、秋田駅に到着。
駅前のホテルに投宿して、夜のとばりが下りた駅裏界隈をぶらぶら。
一人で入れる手ごろな店もなく、結局はスーパーのお惣菜とビールで済ませる味気ない夕食となりました。

…後編に続きます。

20140324002.jpg

20140324003.jpg

20140324001.jpg

20140324014.jpg

20140324013.jpg

20140324004.jpg

20140324015.jpg

20140324005.jpg

20140324007.jpg

20140324008.jpg

20140324011.jpg

20140324016.jpg

20140324009.jpg
※画像上から…JR一ノ関駅/同/一ノ関駅前/一ノ関の風俗店が並ぶ界隈/盛岡駅のじゃじゃ麺専門店「じゃじゃめん小吃店」大盛670円/IGRいわて銀河鉄道盛岡駅/同、電車内/石川啄木の故郷、渋民/JR花輪線からの車窓風景/JR奥羽本線、八郎潟から男鹿半島を望む/夜の秋田駅前/秋田駅の駅裏界隈/同
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/24 ] | TB(0) | CM(4)

いい旅

当地の近くを通過して行きましたね。
石川啄木もきっと喜んでいた事でしょう。
駅とかね景色を眺めながらの旅は楽しいですよね。
でも写真を撮りながらだと、結構忙しいかな。
[ 2014/03/24 22:01 ] [ 編集 ]

Re: いい旅

大坊峠のツッチー様、こんにちは~
そーですか、通過しましたか(笑)。
通過だけでなく、次回は着地してご当地を巡りたいと思います。
このところ何度か行ってみて思いましたが、岩手にも春の気配が漂ってきましたね。
[ 2014/03/25 07:04 ] [ 編集 ]

こんばんは

はじめまして、福岡在住のwraと申します。

福岡ではあまり実感しませんが、地方の方に行くと活気がなくなっているなと感じることがしばしばあります。住みにくいわけではないし、都会よりも空気は良いし、飯は美味いし、僕ら若い世代が率先して街を守っていくべきだなと思いますよ。

距離が遠くなければ、東北の方によく足を運びたいなと思いますが・・・
[ 2014/07/26 22:08 ] [ 編集 ]

wraさん、こちららこそはじめまして!
さきほど貴ブログを拝見させていただきました。
台湾は何度か訪ねたことがありますが、今は鉄道も新幹線含めてずいぶん近代的になりましたね。
台北から花蓮まで満員列車に揺られて旅したことを思い出しました。
[ 2014/07/27 07:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/771-e75290a2