2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

原発性アルドステロン症 検査入院3日目

6月8日(日)
病室から見る仙台の空は、気が滅入るようなどんよりとした梅雨空。
今日は日曜とあって、看護スタッフも少ないし、主治医の回診もない。
昼ご飯を食べていたらカミさんが来た。
翌日にAVS検査を受ける準備として、両足の鼠蹊部と太ももの除毛を行う。
これは若い女性の看護師さんにやってもらうのは恥ずかしいので、どうなるんかな?と思っていたら、「シャワー室で自分でやってください」ということで、一安心。
僕は毛深いので、T字カミソリ5本を消費して剃り上げた。
ただし、太ももの裏側は自分で剃れなかったので、病室に戻ってから看護師さんにアシストしてもらった。

また、この日は朝6時から「蓄尿」を開始。
3リットルくらい入るプラスチックのカメに24時間にわたって排出した尿を全部溜めるという作業である。
これがけっこう面倒で、夜中に2回ほどトイレに立った時は、半分寝ぼけているので、失敗しないようにコップに出した尿をカメに移し替えた。
始めは、こんな大きなカメが尿でいっぱいになるはずがないと思っていたが、終了したときには8分目くらい入っていた。
健康な人の1日の尿量は1~1.5リットルというが、やはり夜間に尿が濃縮されずに頻尿として排出される分、多尿となっているようだ。
これも原発性アルドステロン症の特徴である。

21時就寝。
明日のAVS検査のことを考えるとけっこう不安になってしまい、血圧も上昇した。

・蓄尿 夜中にトイレ2回
・血圧/朝138-74 夜165-86

20140614003.jpg

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
↓ポチッとヨロシクお願いします

日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/798-06b491f9