2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

原発性アルドステロン症 検査入院4日目

6月9日(月)
いよいよメインのAVS検査の日を迎えた。
朝5時に半分寝ぼけ眼で安静採血を行う。6時に前日からの蓄尿終了。
点滴を開始する8時頃にカミさんがやってきた。
8時半に尿道カテーテルを主治医によって挿入された。
しかし、若くてきれてな看護師さんに消毒をアシストされたので、恥ずかしい。

9時に紙製の手術衣を来た後、筋肉注射をされて病室からストレッチャーで地下1階の放射線診断科の検査室へ。
テレビの映像でよく見ていた光景だが、いざ自分が体験となると、けっこう緊張する。
数名のドクターと看護師さんに囲まれて、心電図と血圧計を付けられ、検査台に乗りいよいよ検査が開始された。
まず、下半身をむき出しにされ(笑)、消毒をし、左右の鼠蹊部に麻酔注射。
そして、カテーテルを導入する管を埋め込まれた。
ここまで数分。痛みは採血の時と変わらない程度。

ここからが本番で、カテーテルを左右の副腎静脈に挿入し、造影剤を注入しながらサンプルを採るという作業が繰り返された。
しかし、僕の副腎は左右とも複雑に絡み合う静脈に完全に挿れることができず、ドクターの「うまく入らない」という声が何度も聞こえた。
その理由は僕が痛みを感じているからだが、結果的には充分なサンプルが取れずに終わってしまったようだ。
静脈自体は本来は痛みは感じないようだが、僕のケースは想定外らしい。
先生は「少ないサンプルで最大の結果を出す」とおっしゃっておられたが、4時間以上にわたる辛い検査だけに、この結果が今後の治療に左右してくると思うと不安である。

圧迫帯とT字帯を付けられ、病院着に着替えヘロヘロになって病室に帰還。
ここから4時間は絶対安静ということで、ひざを曲げたり自力で寝返りも打てない。
足首にはエコノミー症候群を防ぐためにマッサージ器具も付けられた。
ベットに寝ている間はとにかく腰が痛くて、苦しくて仕方がなかった。
カミさんも苦しむ僕の姿を見てもどうすることもできず、ただ見ているだけのようだった。

午後5時半、自力での寝返りが可能になり、ベットを30度上げてようやくひと心地がついた。
おにぎりの夕食の後、カミさんには帰ってもらい、後はぐったりと眠ってしまった。

・24時間導尿
・血圧/朝133-79  夜149-84
・体温/朝36.2  夜37.5

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
↓ポチッとヨロシクお願いします

日記・雑談(50歳代) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/799-4e889d45