「超高速! 参勤交代」を観た

ブログを更新してから、あっという間に一週間が過ぎました。
その間に病院に行ったり、日帰り出張したり、バタバタしていました。

ブログネタはたくさんあるんですが、まずは映画の話題を。
木本克英監督『超高速! 参勤交代』。
封切日の翌日に観ましたが、劇場は満員状態です。
久しぶりに大入りを実感しました。

とにかく笑える内容ですが、最近の時代劇は暗い刃傷モノや仇討モノが多いだけに、こうした喜劇もたまにはいい。
キャストも佐々木蔵之助、伊原剛志、陣内孝則など演技上手揃いでなかなかですが、何といっても深田恭子でしょうか。
演技はともかく、日本を代表する美人女優だと思いますが、この映画では彼女の美しさが際立ってました。
まぁ、御贔屓の彼女を観ただけでも、チケットを買った甲斐がありましたね。☆☆☆★★


さて、忙しい、忙しいとバタバタしながらも、先週は3本のDVDも観ました。
今更ですが、1本目は『風立ちぬ』(宮崎駿監督)。
ゼロ戦設計者の堀越二郎と、堀辰雄の同名小説『風立ちぬ』をごっちゃにしたストーリーですが、大正末期から昭和初期の風景や風俗を綿密に描いているのはさすがに宮崎アニメ。
ホロリとくる内容に、高校時代、夢中で読んだ堀辰雄の作品世界を思い出しました。☆☆☆☆☆

風立ちぬ [DVD]風立ちぬ [DVD]
(2014/06/18)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


2本目は『武士の献立』(朝原雄三監督)。
森田芳光監督の遺作となった『武士の家計簿』(2010年)に続く、ヒューマン時代劇。
これも文句なしに面白かったけど、主人公の上戸彩がけなげで可愛い。
彼女に益々好感が持てました。☆☆☆☆★

武士の献立 [DVD]武士の献立 [DVD]
(2014/06/07)
上戸彩、高良健吾 他

商品詳細を見る


3本目は『風が強く吹いている』(大森寿美男監督 2009年)。
三浦しをんの同名小説の映画化。
この小説を読み終えた後、映画化されていたことを知り、レンタルしました。
箱根駅伝を目指す弱小大学陸上部の話ですが、小説に忠実で、駅伝のクライマックスもうまく描けていたと思います。
三浦しをん作品はさすがに人気作家だけあって、次々と映画化されてますが、『まほろ駅前多田便利軒』や『舟を編む』にしかり、どれも話題作になっているみたいです。☆☆☆★★

風が強く吹いている [DVD]風が強く吹いている [DVD]
(2010/04/09)
小出恵介、林遣都 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/06 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tsuchinoko2006.blog70.fc2.com/tb.php/808-ca9092c8