2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

いわき『白土屋菓子店』ジャンボシュークリーム

福島県いわき市にある有名菓子店です。
出張ついでに立ち寄りました。
この店の人気商品はジャンボシュークリーム。
ジャンボ→中→特大→超特大とあるようですが、ショーケースにあった在庫はジャンボと中サイズ。
中サイズは小さなキャベツくらいの大きさ。
これだけでも「ひぇ~」という感じなんですが、いったい、それ以上の大きさはどれほどなのでしょう。
そんなことを考えながら、"一番小さな"ジャンボ(324円)を購入。
ふつうのシュークリームが3~4個分くらいの大きさです。
ドライアイス(32円)を入れて貰い、自宅まで持ち帰りました。

さて、そのお味ですが、
大量のシュガーパウダーがかかり、シューはちょっと硬めです。
生クリームは、懐かしいさっぱりとした味。
改めてその大きさに驚きながら完食。
この日の夕食になりました(笑)。
食べる前に撮影しましたが、大きさが比較できるもの、例えば定規などと一緒に写せばよかったと後になって気づきました。

20171013001ujhy.jpg

20171013002ujhy.jpg

20171013003ujhy.jpg
※スマホで撮影
※『白土屋菓子店』福島県いわき市好間町上好間字南町田36-1 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

多治見『そったくどうじ』カレーうどん

名古屋を中心としたご当地グルメで、避けて通れないカテゴリーがカレーうどん。
チェーン店で有名な若鯱屋を始め、麺類を出す店なら大抵の店で取り扱っている人気メニューです。
きしめん、うどんが麺類の中心となっている名古屋の文化で、カレーうどんはしっかりと根付いています。
多治見にある『そったくどうじ』さんは、鰹だしのカレーうどんが人気の店。
帰省した折に、カミさんと訪ねてきました。

カレーうどん(大盛900円、鶏肉)は、北海道産小麦を使った柔らかさの中にコシを感じる麺。
カレーは辛くもなく甘くもなく、ちょうどよいバランスに絶妙のとろみ。
小学校の頃、給食で食べたカレーを思わせる懐かしい味です。
ボリュームたっぷりの熱々の麺を「ふー、ふー」しながら完食しました。
ちょうどお昼時で、満席の店内には多くのお客さんがカレーうどんをすすっていました。
次回再訪することがあったら、また食べてみようと思います。

20171010001ugfea.jpg

20171010002ugfea.jpg

20171010003ugfea.jpg
※スマホで撮影
※『そったくどうじ』岐阜県多治見市音羽町4-32-1 オリエンタルプラザ1F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『栁家』夏季限定納豆冷やし中華

納豆冷やし中華(650円)です。
レポートがすっかり遅くなりましたが、期間限定のPOPに誘われて、7月下旬に食べてきました。
キムチ納豆ラーメンが有名な店ですが、果たして納豆入りの冷やし中華はイケるのでしょうか。

納豆が入った味噌タレを具と一緒にドロドロにかきまぜて、いざ。
うーん、酸っぱいですね。
そして、甘いような…更に、納豆が糸を引く。
こりゃ、かなりの変わり種です。
なんとも言えない感触と、冷やし中華とはほど遠い味。
まぁ、期間限定ですから、たまにはこんなのもいいでしょうか。

※過去レポはこちら
仙台『栁家』夕暮れの青葉城
仙台『柳家』キムチ納豆ラーメン

20171008008rtea.jpg

20171008009rtea.jpg

201710080010rtea.jpg

201710080011rtea.jpg

201710080012rtea.jpg

201710080013rtea.jpg

201710080014rtea.jpg
※スマホで撮影
※『栁家仙台東口店』宮城県仙台市宮城野区榴岡1-7-33  水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『ラーメン魁力屋』特製醤油ラーメン&焼きめし

朝から青空が広がった仙台です。
いつものようにウォーキングをしましたが、銀杏並木にはぎんなんがコロコロ。
夏の名残を感じる秋の日でした。

さて、関西でおなじみの魁力屋さんが仙台にあるというので訪ねてきました。
背油がたっぷり入った醤油に九條ネギ。
スープによくなじむ細麺。
まさしく京都ラーメンですね。
関西では焼きめしというチャーハンも美味でした。
これで880円。
サラリーマンのランチとしては納得できる価格です。

20171008001rtea.jpg

20171008002rtea.jpg

20171008003rtea.jpg

20171008004rtea.jpg

20171008005rtea.jpg

20171008006rtea.jpg

20171008007rtea.jpg
※スマホで撮影
※『ラーメン魁力屋六丁の目店』宮城県仙台市若林区六丁の目南町9-2 フレスポ六丁の目南町店 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

盛岡『あきを。』盛岡じゃじゃ麺

さんさ踊りを観た後、立ち寄りました。
盛岡じゃじゃ麺を出す店はたくさんありますが、これまで食べてきた中でもこの店はかなり高いレベルだと思います。

券売機にはモツ入りや納豆入りなどたくさんのメニューが並んでいます。
注文は定番のじゃじゃ麺(中盛600円)を。
ビジュアルはきしめんのような真っ白な麺に、肉味噌、ネギ、きゅうりが乗っかり、しょうが、紅しょうが脇を添えます。
これをぐちゃぐちゃにかき混ぜて、いざ。
麺はモチモチの歯ごたえ。
肉味噌は辛みを抑えた味。
少し酢を加えると、更に風味が増しました。

そして、〆は生卵を落としたチータン。
これが無料というのは良心的ですね。
一度で二度楽しめるじゃじゃ麺。
文句なしに、盛岡を代表する郷土料理だと思います。

20171005001rbgd.jpg

20171005002rbgd.jpg

20171005003rbgd.jpg
※スマホで撮影
※『盛岡じゃじゃ麺 あきを。』岩手県盛岡市大通2-3-7 CT33ビル1F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

角館『花うさぎ』魚介鶏だし味玉らあめん

みちのくの小京都・角館。
秋田を代表する観光地です。
ちょうどお昼となったので、町内にある稲庭うどんの店に向かいましたが、あいにくの休み。
仕方がないので、横手で焼きそばでも食べようとハンドルを向けた先にこの店を見つけました。
秋田には美味しいラーメンはないという先入観があったので、あまり期待せずに入店。
何と、カウンターのみの店内は満席。
さらにずらりと並べられたパイプ椅子にも7~8人の順番待ちの人々。
うーん、こりゃあまずい…ひょっとして人気店なんだろうか…。
そんな思いで、定番だと勝手に判断した魚介鶏だし味玉らあめん(770円)を注文。

20分ほど待って、着丼。
少し煮干しが香るスープに細麺。
一口すすって、その繊細な味に驚きました。
自家製だという麺も弾力があって、旨い。
スープと麺、そのバランスの良さに、店主のしたたかな実力を見た思いでした。
秋田のラーメン、あなどれませんね。

20171005004rbgd.jpg

20171005005rbgd.jpg

20171005006rbgd.jpg

20171005008rbgd.jpg

20171005007rbgd.jpg
※スマホで撮影
※『』秋田県仙北市角館町北野78-3 ぷかぷ館1F 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

青森駅『こまち屋』イカメンチ

青森から秋田へ出張しました。
青森駅に隣接するファッションビル『青森ラビナ』の1階にあるおにぎり屋『こまち屋』さんで、イカメンチ(200円)を購入し、秋田駅行きの特急『つがる』に乗り込みました。
イカメンチは青森のソウルフード。
青森を訪ねると無性に食べたくなります。
『こまち屋』さんのイカメンチはやや小ぶりですが、細かく刻んだゲソに野菜もたっぷり入って美味しいですね。
弾力と香ばしさが何ともいえない旨さです。
仕事中じゃなかったらビールをぐびりとやるところですが、お茶で我慢(笑)。
車窓から流れていく、色づいた稲穂の風景が色を添えてくれました。

20170930008ghy.jpg

20170930009ghy.jpg

201709300010ghy.jpg

201709300011ghy.jpg
※スマホで撮影
※『こまち屋青森ラビナ店』青森県青森市柳川1-2-3 青森駅ビル ラビナ

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

山形『立花』つめたい肉そば

近くには工業団地がある立地ですが、国道348号線沿いなので、客足が絶えない店です。
定番メニューはつめたい肉そば(700円)。
サイドメニューのミニげそ丼(200円)も注文。
山形では肉そばを出す店は数多くありますが、この店も人気店のようです。
ほとんどのお客さんが肉そばを注文しています。
さて、その肉そばですが、麺は黒い田舎そば。
2割くらいは小麦が入っているでしょうか。
モチモチ感があります。
出し汁はそんなにしょっぱくなくてちょうどいいです。
店によっては飲み干せないほどしょっぱいところもありますからね。
そして、鶏肉はやっぱり固い。
肉そばにはつきものの、廃鶏の薄切りだと思います。
この歯ごたえがいいんです。

全体的にバランスが良い肉そばです。
想い出したころに食べたくなる味だと思います。
再訪ありですね。

201709300012ghy.jpg

201709300014ghy.jpg

201709300013ghy.jpg

201709300017ghy.jpg

201709300016ghy.jpg

201709300018ghy.jpg

201709300019ghy.jpg
※スマホで撮影
※『立花南支店』山形県山形市明石堂1-2

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『わたりあら浜』はらこめし

「はらこ飯」は亘理町荒浜地区が発祥の、宮城県が誇る隠れた人気の郷土料理です。
中でも『あら浜』は老舗中の老舗。
2011年の東日本大震災で亘理の本店は津波で全壊しましたが、最近ようやく再開されたということです。
そんな「はらこめし」ですが、仙台市内でも食べることが出来るということで、向かったのが青葉区にある仙台店。
ランタイムは行列覚悟ですが、開店と同時に入店したので並ばずに座ることができました。
お昼のメニューは『はらこめし』(1600円)のみ。
ごはん大盛(100円)を注文。
出てきたはらこめしはビジュアルも鮮やかです。
創業以来継ぎ足してきたタレで炊き上げた味御飯に鮭と筋子が乗っかり、これを豪快にかき混ぜて一気に。
鮭の風味がこれでもか!!と口いっぱいに広がります。
これぞ秋の味、宮城の味ですね。
大盛はボリュームもたっぷりで、最後の一口が苦しいくらいの量です。
鮭の味噌汁も美味しく、大満足の「はらこめし」初体験でした。

20170930003ghy.jpg

20170930004ghy.jpg

20170930005ghy.jpg

20170930006ghy.jpg

20170930007ghy.jpg
※スマホで撮影
※『わたりあら浜』宮城県仙台市青葉区本町1-10-15 斉藤ビル1F 水・年末年始休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

秋田『酒楽亭うみひこ本店』横手焼きそば

秋田でご贔屓の居酒屋です。
料理も美味しいし、何よりお酒が旨い!!
かなりの確率で〆に食べるのが、横手焼きそばです。
ひき肉の煮汁で炒める麺と福神漬けと目玉焼きのトッピングは、まさしく正統派横手焼きそばです。
水分が多いべちゃとした感触は私的には好きになれなかったんですが、何度も秋田で食すうちにまんざらでもなくなってきました。
何より、ウスターソースというのが良いですね。
全国いろんな焼きそばはありますが、横手焼きそばはもっともっとメジャーになって欲しいですね。

※過去レポはこちら
 『酒楽亭うみひこ本店』きりたんぽ鍋

20170927001wqas.jpg
※スマホで撮影
※『酒楽亭うみひこ本店』秋田県秋田市千秋久保田町2-58 1F・2F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『一休』レモン中華塩

この店の大人気メニュー、レモン中華塩(大盛750円)を食べてきました。
具はレモンの輪切りのみ。
麺はのど越しが良い細麺。
スープはレモンが効いた塩味。
少し醤油も落としているのでしょうか、無色透明ではありません。

どこから見ても美しいビジュアル。
仙台を代表する変わり種ラーメンですね。
麺をすすってレモンをかじり、そしてまた麺をすする。
すっぱ~、すっぱ~…と目を細めて、完食しました。

※過去レポはこちら
仙台『一休』夏季限定だしレモン
仙台『一休』せり中華そば
仙台『一休』味玉中華そば


20170924003eaawr.jpg

20170924001eaawr.jpg

20170924002eaawr.jpg
※スマホで撮影
※『一休』宮城県仙台市宮城野区宮城野1-1-37 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『博多一風堂』赤丸新味

ラーメン激戦区の仙台駅東口にあります。
初めての訪店です。
といっても、名古屋や東京でも食べているので、お味は分かっているつもりです。
注文は赤丸新味(850円)。
とんこつベースに辛味噌が加わったコクのある味。
麺はゆで時間が短い細麺なのでいくらでも食べられます。
"カタ"をチョイス。
もちろん替玉(100円)も追加ですね。
替玉を運んできたアルバイトの女の子が、私の目の前でツルッとこけて、尻もち。
替玉は無事でした(笑)。

20170923003qrrx.jpg

20170923004qrrx.jpg

20170923005qrrx.jpg

20170923006qrrx.jpg

20170923007qrrx.jpg
※スマホで撮影
※『博多一風堂仙台東口店』宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

八戸『ふらいどKEN』ミックスかつランチ

知る人ぞ知る、隠れ家的なお店です。
古民家風のダイニングには油絵が何枚も壁面を飾っています。
無垢の床も木のぬくもりが伝わってきそうで良いですね。
ランチタイムの定番はロースやヒレかつのようですが、今回はミックスかつランチ(850円)を。
海老、メンチかつ、ヒレかつの三種が並んだランチですが、ビジュアルも良いし、得した気分です。
カツはどれもさくさくで美味かったです。
次回はロースかつカレーにチャレンジですね。

20170923008qrrx.jpg

20170923009qrrx.jpg

201709230012qrrx.jpg

201709230010qrrx.jpg

201709230011qrrx.jpg
※スマホで撮影
※『ふらいどKEN』青森県八戸市内丸3-7-25 月・火休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『武田餅店』づんだ餅&づんだ大福

秋のお彼岸です。
今年もずんだの季節がやってきました。
いつもの散歩がてら自宅近くの餅屋さんへ。
『武田餅店』さんはかつて鉄砲町にあった老舗。

この店ではずんだではなく、"づんだ"と言います。
定番のづんだ餅(108円)とづんだ大福(108円)2個づつ購入。
づんだの餡はつぶの感触もあって、そんなに甘くないのが良いですね。
お昼のおやつに、合わせて4個をぺろりと食べてしまいました。
糖分摂り過ぎも気になりますが、旬の味には勝てません。
東北の秋の味、しっかり堪能できました。

20170923001qrrx.jpg
※スマホで撮影
※『武田餅店』宮城県仙台市宮城野区宮城野1-5-23  水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

郡山『HAjiME』HAjiMEらーめん&ピリ辛ネギチャーシュー丼

中華そば系一色ともいえる郡山にあって、とんこつラーメンをウリにしている店です。
入店すると、若い女性二人できりもりしていました。
注文は定番のHAjiMEらーめん(650円)とサイドメニューのピリ辛ネギチャーシュー丼(260円)を。
しめて、910円。
サラリーマンのランチとしては少々予算オーバーでしょうか。
さて、お味ですが…。
トッピングのモヤシが入っているので、スープが水っぽくなるかなぁ、と思いましたが、とんこつ風味は申し分ありません。
固ゆでの細麺も歯ごたえがあってなかなかです。
もやしは必要ないと思いますが、全体的には合格点の豚骨ラーメンだと思いました。
そして、ついでに頼んだチャーシュー丼は柔らかくととろみがあるチャーシューが美味かったですね。
ボリュームも十分でした。
チャンスがあれば再訪したいお店です。

20170921002weqag.jpg

20170921003weqag.jpg

20170921008weqag.jpg

20170921004weqag.jpg

20170921005weqag.jpg

20170921006weqag.jpg

20170921007weqag.jpg
※スマホで撮影
※『HAjiME』福島県郡山市安積町荒井字北田24-2 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

名古屋『猪口猪口』ミニトマトと岩ノリ蕎麦

古民家風のおしゃれな居酒屋。
二度目の訪店ですが、今回もランチタイムの創作蕎麦目当てです。
頼んだ蕎麦はミニトマトで和えた冷たい蕎麦(850円だったかな)。
ちょっと量が少なかったんですが、ミニシラス丼のオーダーで満腹。
喉越しが良い蕎麦は冷製パスタのようで、そうでもない…なんとも不思議な味ですが、美味しかったです。

※過去レポはこちら
名古屋『猪口猪口』おろし岩のりそば

20170911008waetd.jpg

20170911009waetd.jpg

201709110010waetd.jpg

201709110011waetd.jpg
※スマホで撮影
※『猪口猪口』愛知県名古屋市中村区名駅3-26-1 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『らーめん昭和屋』醤油らーめん&そぼろ御飯

仙台市宮城野区の国道46号線沿いにあるチェーン店。
競合は幸楽苑さんでしょうか。
ファミレスのような外観です。
初参戦なので、定番の醤油らーめん(あっさり太麺490円)とついでにそぼろ御飯(190円)を注文。
モロに炭水化物の組み合わせ。
心の中で"アカン、アカン"と思いながら、つい頼んでしまう意志の弱さです(笑)。

さて、お味は…
スープはあっさりといえどもコクがあってけっこう濃い。
仙台で人気の『仙台っ子ラーメン』に近い系統てしょうか。
太麺はモチモチ感もあり、なかなか。
これで490円なら文句ありませんね。
ついでに頼んだそぼろ御飯は、甘辛く煮た豚ミンチをかけただけのもの。
何の工夫もない御飯ですが、白ごはんと比べればこれもなかなかでした。

20170912001trew.jpg

20170912002trew.jpg

20170912006trew.jpg

20170912003trew.jpg

20170912004trew.jpg

20170912005trew.jpg

20170912007trew.jpg
※スマホで撮影
※『らーめん昭和屋 扇町店』宮城県仙台市宮城野区扇町1-8-24 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

利府『伊藤商店』白の中華そば&温玉丼

朝7時からの"朝ラー"が人気の店。
ランチタイムも盛況です。
いつもは一番人気の「金の中華そば」ですが、今回は背油入りのこってりスープがウリの「白の中華そば」(710円)をチョイス。
空腹だったので、ついでに温玉丼(190円)も追加。
炭水化物セットはいかん、いかん…と思いながらも、誘惑には勝てない我が身です(笑)。

さて、白の中華そばですが、こってりと言いながらもそれほどではありません。
むしろあっさりした醤油ベースに背油が浮かんだ感じ。
モチモチした太麺との相性もいいですね。
温玉丼は醤油を少し差して、一気にかき込みました。
スープも大方飲んでしまい、屋号のマルヤがはっきりと。
いや~、いかん、いかん(本日二度目・笑)

過去レポはこちら
 利府『伊藤商店』金の中華そば

20170911001waetd.jpg

20170911002waetd.jpg

20170911003waetd.jpg

20170911004waetd.jpg

20170911005waetd.jpg

20170911006waetd.jpg
※スマホで撮影
※『伊藤商店利府店』宮城県宮城郡利府町神谷沢新宮ヶ崎72-1 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

郡山『中国麺飯酒家包龍』旨い中華で酔う

この店、隠れた名店ではないでしょうか。
郡山の夜の街、乾いた喉を癒すために偶然飛び込みました。
従業員は中国?の方たちばかり。
名物の餃子を中心に勧められるまま注文。
どれも文句なしに旨い!!

特に本日のおすすめにあった牡蛎の炒め物は絶品。
ピリ辛、甘酢のあんかけ野菜はたっぷり。
揚げた牡蠣は中がじゅわ~。
うーん、思い出してもヨダレが出そうです。
そして、唐揚げですが、これは2人には多すぎて食べ切れません。
飲み放題のビールをたらふく飲んで店を出ました。

安くて美味くて、言うことなしです。
郡山の出張ではとっておきの店になりそうです。

20170910003wqa.jpg

20170910004wqa.jpg

20170910005wqa.jpg

20170910006wqa.jpg

20170910007wqa.jpg

20170910008wqa.jpg

20170910009wqa.jpg
※スマホで撮影
※『中国麺飯酒家包龍』福島県郡山市大町1-3-6 日・12/31休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

八戸『ほこるや』青森シャモロック塩唐揚げ定食

元は造り酒屋の事務所だったというレトロな建物。
大正時代のものだそうです。
店内にも年代物の家具が置かれ、雰囲気もなかなか。
夜は居酒屋となりますが、ランチタイムに青森名物の料理があって、おススメです。
この日は青森シャモロック塩唐揚げ定食(900円)を。
ボリュームもたっぷりです。

青森シャモロックとは、青森県畜産試験場が20年の歳月をかけて交配した地鶏。
最近では焼鳥店でも出されるようになりましたが、まだまだマイナーです。
歯ごたえがある肉質で、唐揚げにはぴったりですね。
おろしポン酢も良いですが、やっぱりマヨネーズが合います(笑)。
そしてシャモロックのスープもさっぱりしたなかにコクがあって美味。
青森の名物が堪能できました。

20170903001esa.jpg

20170903002esa.jpg

20170903003esa.jpg

20170903004esa.jpg

20170903006esa.jpg
※スマホで撮影
※『青森自慢料理 ほこるや』青森県八戸市八日町6-1 日休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ