仙台『だし廊』鶏だし生醤油そば

飛魚だし、貝だしときて、3つ目のメニューの鶏だしを食べるために訪店です。
鶏だし生醤油そば(大盛730円)は澄みきったスープに細麺。
ロースとバラ肉のチャーシュー、メンマ、三つ葉のトッピングはシンプルなビジュアルです。
生醤油というだけに、スープはキレとコクがありますね。
なるほど、鶏のだしも良く効いています。
こうした純和風スープには細麺がよく合いますね。
音を立てて一気にすすりました。
うーん、旨かった。

※過去レポはこちら
・仙台『だし廊』貝だし塩そば
・仙台『だし廊』飛魚だし醤油そば
 
20180110002xsa.jpg

20180110001xsa.jpg

20180110004xsa.jpg

20180110003xsa.jpg
※スマホで撮影
※『だし廊』宮城県仙台市青葉区一番町2-2-11 TKビル1F

 ★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

盛岡『浜亭』濃厚鶏そば

ダイワロイネットホテル盛岡の入口にある店です。
飲んだ後に立ち寄りました。
さっぱりしたラーメンが食べたかったのですが、メニューはこってり系が中心。
唯一のさっぱり系、三陸海藻鶏そばに心が動きつつも、頼んでしまったのが「濃厚鶏そば」(醤油780円)。

出てきたラーメンは思った通りのこってり味。
横浜家系に近いでしょうか。
これだけの濃厚スープなら太麺が合うと思いますが、細麺はちょっといただけません。
スープのしつこさが口に残りました。
飲んだ後に食べるラーメンは、やはりあっさり系がいいかな…と改めて思った氷点下の夜でした。

20180110005xsa.jpg

20180110006xsa.jpg
※スマホで撮影
※『浜亭』岩手県盛岡市大通り1-8-10 ダイワロイネットホテル盛岡 1F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『手打ちそば草太』天ざる

仙台でご贔屓のそば屋さん。
山形県の東根の十割そばを食べさせてくれます。
コシが強くあごが疲れるほどの食べ応えは、しっかり噛まないと消化不良を起こしそうです。

おススメは天ざる(普通1,637円)。
野菜、海老、キスの天ぷらもサクサクで旨いですね。
そばは普通盛でもかなりのボリュームです。
思いっきりそばを楽しむならイチオシの店です。

※過去ログはこちら
 ・仙台『手打ちそば草太』天ざる

20180110007xsa.jpg

20180110008xsa.jpg

20180110009xsa.jpg
※スマホで撮影
※『草太』宮城県仙台市若林区六丁の目中町13-25 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『おんのじ』冬限定チーズカレーつけ麺

10日の正月休みが終わり、赴任先の仙台に帰還しました。
明日から始まる自宅の解体を観ることはできませんが、しがない単身赴任の身には仕方ありません。
状況についてはカミさんからLINEで知らせてもらうことにして、まずは仕事モードに戻ります。

さて、溜まった食べレポを少し片付けようと思います。
『おんのじ』さんは自宅から至近にある店なのでちょくちょく利用しています。
毎年恒例冬限定メニューのカレーつけ麺ですが、ずっと気になっていたこともあり、今回が初チャレンジです。
チョイスしたのが「チーズカレーつけ麺」(880円)。
麺はいつものもモチモチ麺なので今さら評価することもありませんが、カレーのつけ汁が新鮮で良いですね。
熱いつけ汁に冷たい麺をドボンと漬けて、いざ。
コクがあって、鼻に抜けるスパイシーさが良いです。
チーズがうまく溶け合って、辛さの中にまろやかさと甘味が出ています。

いけますねぇ、これ。
カロリーがちょっとばかし気になりますが、寒い冬にはぴったんこ。
ちょっぴり汗をかいて、店を出ました。

※過去レポはこちら
 ・仙台『おんのじ』夏限定冷製肉つけそば
 ・仙台『おんのじ』節つけ麺
 ・仙台『つけ麺おんのじ』野菜ラーメン

20180107008ewq.jpg

20180107009ewq.jpg

20180107013ewq.jpg

20180107011ewq.jpg

20180107012ewq.jpg
※スマホで撮影
※『つけ麺おんのじ榴ヶ岡店』 仙台市青葉区中央4-7-14 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

山形『一休庵』年越しそばを食す

山形の出張がてら、年越しそばを食べてきました。
向かったのは『一休庵』さん。
何度も訪ねていますが、冷たい肉そばが人気の店です。
しかし、外は思いっきり雪降り。
しかも冷蔵庫の中にいるような寒さです。
…ということで、今回は温かい肉そば(並650円)を。

山形の田舎そばならではの、コシの強さを求めて冷たい肉そばを食べてきましたが、
温かいそばもどうして、どうして。
コシの強さは劣るもの、旨さは全く変わりないですね。
身体が温まったのはいうまでもありません。

香ばしく揚がったゲソ天(150円)をつつきながら、
東北で食す年越しそばをじっくり味わって店を出ました。
今年も旨いそばをたっぷりと食べることができ、感謝、感謝の一年でした。

※過去レポはこちら
 ・山形『一休庵』冷たい肉そば
 ・山形『一休庵』冷たい肉そば
 ・山形『一休庵』冷たい肉そば

20171228004res.jpg

20171228005res.jpg

20171228006res.jpg

20171228007res.jpg

20171228008res.jpg

20171228009res.jpg
※スマホで撮影
※『一休庵』山形市下条町2-4-25 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『会津らーめん最上』みそらーめん

六丁の目にある人気店です。
駐車場が少ないので、ランチタイムには阻まれることが多いです。
今回は一年ぶりの訪店…ということで、いつもは醤油ですが、久しぶりに味噌(850円)を。
出てきた丼は、野菜がたっぷり、並々スープ、とにかくボリュームたっぷりです。
スープはまろやかでそれでいてコクがあるやさしい味噌。
旨いですね~これは。
ファンが多いのもうなづけます。
麺も私が好きなちぢれた中太麺。
コシもあります。
仙台には仙台味噌を使った辛味噌スープの一派がありますが、私的には田舎味噌のこちらに軍配が上がりますね。

※過去レポはこちら
 ・仙台『会津らーめん最上』醤油らーめん 

20171224014wqa.jpg

20171224010wqa.jpg

20171224011wqa.jpg

20171224012wqa.jpg

20171224013wqa.jpg
※スマホで撮影
※『会津らーめん最上』宮城県仙台市若林区荒井字高屋敷31 月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

山形『おしょうしな総本店』忘年会で酔う

山形の地酒と郷土料理が楽しめる『おしょうしな』さんで忘年会。
蔵王クリームチーズのビスケット、山形牛、酒田の海鮮、玉こんにゃく…食べきれない旨い料理と、たらふく飲んだ地酒。

極楽ですね。

店を出たら冷蔵庫の中にいるような、カチンコチンの寒さ。
「ひぇ~」
思わず声が出ました。

深々と降る粉雪が積もり始めた、年末の夜。
今年も暮れていきます。

20171224002wqa.jpg

20171224003wqa.jpg

20171224004wqa.jpg

20171224005wqa.jpg

20171224006wqa.jpg

20171224007wqa.jpg

20171224008wqa.jpg

20171224009wqa.jpg
※スマホで撮影
『山形おしょうしな総本店』山形県山形市十日町4-2-2 不定休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『亞呉屋』あごだしどろつけ麺

定番は何といっても山形県飛島産のあごだしスープのラーメン。
飲んだ後にすっきりしたあごだしスープはよく合いますが、ランチタイムはたまには違うアイテムを…と思って選んだのが、どろつけ麺(大盛910円)。
出てきた丼をみてびっくり!!
(大盛は失敗だったかな…)
後悔しても仕方ありません。
ひたすらかきこむべし。
泥のようなあごだしの濃厚つけ汁に、かなり固めの歯ごたえ抜群の麺をひたし、すすります。
ものすごいコシに、あごだしならぬ、アゴが疲れます(笑)。
何も考えずにひたすらかきこみ、休み休みで完食しました。
年寄りには酷の量でしたが、あごだし風味漂う濃厚スープは申し分なく美味でした。

※過去レポはこちら
・仙台『亞呉屋』あごだし中華そば

20171218009zaq.jpg

201712180010zaq.jpg

201712180013zaq.jpg

201712180012zaq.jpg
※スマホで撮影
※『山形飛島 亞呉屋』宮城県仙台市青葉区中央1-10-25 EDEN仙台 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

仙台『梵天食堂』炭火焼豚丼

『梵天』さんは仙台ではリーズナブルな居酒屋チェーンです。
中野栄店はランチ営業もやっているので、ちょくちょくお邪魔しています。
狙いは炭火焼豚丼(5枚810円)。
豚丼といえば北海道帯広が有名ですが、引けを取らない旨さです。
何といっても炭火で焼く香ばしさがたまりません。
タレも旨いですね。
肉の柔らかさがもっとあったら文句なしですが、まぁ、仙台で食べる豚丼としては合格点でしょう。
わさびを効かせて食すのも珍しいですが、忘れた頃に時々食べたくなる味です。

20171218008zaq.jpg
※スマホで撮影
『梵天食堂中野栄店』宮城県仙台市宮城野区出花2-4-1

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『日の出らーめん』剛つけ麺

数ある仙台のラーメン店の探訪も80店を超えました。
そろそろ二巡目といったところですが、せっかく再訪するなら違うバリェーションを食したい…ということで、前回、まぜそばの『ガッツ麺』でいたく感動した『日の出らーめん』さんに出かけました。
注文は、剛つけ麺(800円)。
店の看板にも大きく出ています。
これがウリなんでしょうね。
大盛無料ということで、迷わずそれをチョイス。
10分ほど待って着丼。
超極太、歯ごたえワイルド!という謳い文句そのものの、極太麺が出てきました。
そしてスープはなぜかキャベツが入った濃厚。
とんこつと魚介の風味がそそります。
麺はたしかに歯ごたえ抜群で、よく噛まないと消化不良を起こしそうです。
ボリュームもたっぷり。
ワッセ、ワッセと年を忘れて掻き込み、完食となりました。

※過去レポはこちら
仙台『日の出らーめん』ガッツ麺

20171218001zaq.jpg

20171218002zaq.jpg

20171218003zaq.jpg

20171218004zaq.jpg

20171218005zaq.jpg

20171218006zaq.jpg

20171218007zaq.jpg
※スマホで撮影
※『日の出らーめん仙台分店』宮城県仙台市青葉区一番町二丁目8-18 仙台中央ビル1F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

郡山『トクちゃん』熟成味噌らーめん

郡山でご贔屓の店です。
店内で手打ちの実演も見学できます。
いつもは醤油ベースのトクちゃんらーめんですが、今回は趣向を変えて熟成味噌らーめん(700円)を。
ついでに日替わりご飯も頼みます。
味噌らーめんのイメージは私的には野菜たっぷりの味噌ですが、この店は手打ちのモチモチ麺に、コクがあるスープ、そして、チヤシューとモヤシのトッピング…。
これはなかなかのビジュアル+バランスですね。
ボリュームもたっぷりで美味かったです。
ついでに頼んだビビンバ風のご飯もばっちり。
満腹、満足のランチとなりました。

※過去レポはこちら
 ・郡山『トクちゃん』トクちゃんラーメン

20171211008ewa.jpg

20171211009ewa.jpg

201712110010ewa.jpg

201712110011ewa.jpg

201712110012ewa.jpg

201712110013ewa.jpg
※スマホで撮影
※『トクちゃん』福島県郡山市桑野1丁目25番地9号 火休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『竹本商店煮干しセンター』煮干しそば

再訪です。
前回は油そばを食したので、今回は一方の雄の煮干しそば(太麺740円)を。
スープはかなり黒く、濃いですね。
煮干しの味も濃厚です。
私的には、かなり好きなスープです。
麺は細麺も選べますが、食べ応えのある太麺を選択。
弾力もあって、スープに良くなじむ麺は美味しいですね。
メンマもシャキシャキ、チャーシューも良い味出ています。
塩分過剰摂取が気になる身には飲み干すことができませんでしたが、旨いスープを堪能できました。

※過去レポはこちら
 ・仙台『竹本商店煮干しセンター』油そば

20171211003ewa.jpg

20171211004ewa.jpg

20171211005ewa.jpg

20171211006ewa.jpg

20171211007ewa.jpg
※スマホで撮影
※『竹本商店煮干しセンター』宮城県仙台市太白区向山4-19-10 共立愛宕橋ビル1F 木休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『三枡三蔵』せり鍋で酔う

忘年会第一弾、仙台駅前の『三枡三蔵』さんでせり鍋を食べてきました。
せり鍋は仙台の冬の風物詩ですが、この店では仙台麩と一緒に煮込みます。
だしを吸った麩が膨らんだところで、せりをドバっと入れます。
間髪入れずに食べるのか流儀。
せりは煮込んでしまうとコシがなくなって、シャキシャキ感がなくなります。
アツアツで甘味がある仙台麩とせりの風味が絶妙でした。
お酒は麦焼酎の水割りで乾杯!!

20171211002ewa.jpg
※スマホで撮影
※『三枡三蔵』宮城県仙台市青葉区中央1-9-1 新東北ビル 9F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

秋田『酒楽亭うみひこ本店』きりたんぽ鍋

秋田出張のご贔屓店です。
地酒は当然のごとく美味しいですが、何といっても郷土料理がいけます。
初雪に見舞われた夜、この冬初めてのきりたんぽ鍋(1人前1145円)をつつきました。
ちくわのような形のきりたんぽは、よく味が染みて旨いですね。
寒い日にばっちしの鍋です。
そして、いつも注文するのが『丸鶏半身揚げ』(750円)。
甘味があって、香ばしくて、柔らかくて、これは絶品です。
美味しい料理と旨い酒、秋田の味を堪能しました。

※過去レポはこちら
・秋田『酒楽亭うみひこ本店』横手焼きそば
・秋田『酒楽亭うみひこ』きりたんぽ鍋

20171207007dsa.jpg

20171207008dsa.jpg

20171207009dsa.jpg
※スマホで撮影
※『酒楽亭うみひこ本店』秋田県秋田市千秋久保田町2-58 1F・2F

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

郡山『北方らーめん』北方肉そば

北方と書いて『ほっぽう』と読みます。
紛らわしいですが、店主は喜多方ラーメンで修業した方のようです。
一番人気の『北方肉そば』(900円)を注文。
アニメのフィギュアがずらりと並んだ棚を眺めながらしばし待ちます。
さて、その肉そばですが、
(こりゃあ、カロリー高いなぁ…)
丼一面に浮かんだ背油にたじろぎました。
スープを一口すすると、しつこくなく意外にさっぱりしていることに驚きです。
それにしても油効果なのか、熱い。
そして、麺は喜多方風の平打ちちぢれ麺。
スープによくなじみます。
メインの叉焼も味が乗って旨いですね。

喜多方の醤油味とは似ても似つかぬ北方ラーメン。
郡山の旨い一杯でした。

20171207001dsa.jpg

20171207002dsa.jpg

20171207003dsa.jpg

20171207004dsa.jpg

20171207005dsa.jpg

20171207006dsa.jpg
※スマホで撮影
※『北方らーめん』福島県郡山市並木3-6-14 鈴木ビル1F 火・第3月休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

青森『麵屋とろも』スーパーつけ麺

女性だけで回している店のようです。
定番は青森のご当地ラーメンらしく、煮干しラーメン。
初訪店ですが、ここはつけ麺で勝負します。
スーパーつけ麺(300g850円)は、何と特大盛600gまで同一料金です。
店主の心意気を感じますね。
さて、麺ですが、ツルツルもちもちの感触が強いきりっとした麺です。自家製麺で売っているだけありますね。
天然だしを使ったつけ汁はかなりしょっぱいです。
濃いですね~。
もう少しまろやかさが欲しいところです。
割りスープを投入して薄口にすると、自分好みになりました。
次回はやはり煮干しラーメンにチャレンジでしょうか。
出張が楽しみです。

20171203001tre.jpg

20171203002tre.jpg

20171203003tre.jpg

20171203004tre.jpg

20171203005tre.jpg
※スマホで撮影
※『麵屋とろも』青森県青森市第二問屋町2-1-23 日祝休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『だし廊』貝だし塩そば

初訪店の翌週、待ちきれずに再訪。
前回は飛魚だし中華そばだったので、今回は一番人気の貝だし塩そば(味玉入950円)を。
スープは、貝ベースの塩ダレに四種類の貝だしを混ぜた透明感。
まろやかで貝の旨みが口いっぱいに広がります。
麺は平打ちの太麺。
パスタのようです。
しかし、この麺がスープによく合ってますね。
繊細な貝のスープに鴨と豚(ロース・バラ)のチャーシュー。
申し分なく旨い!!
何度でも食べたくなるラーメンです。
最近食べたラーメンの中で、印象に残った一杯だと言っておきます。

※過去レポはこちら
 仙台『だし廊』飛魚だし醤油そば

20171119002zsw.jpg

20171119003zsw.jpg

20171119005zsw.jpg

20171119006zsw.jpg

20171119001zsw.jpg
※スマホで撮影
※『だし廊』宮城県仙台市青葉区一番町2-2-11 TKビル1F 

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『ハチ』ナポリタン

仙台駅前のさくらの百貨店にあったお店(東京ナポリタン⑧)が閉店し、新たに仙台駅構内にオープンした『ハチ』さんに行ってきました。
さくらの時代はカウンターのみのこじんまりとした店で、回転も早くてお値段もリーズナブルでした。
「ナポリタンスタジアム」で優勝したというお店のウリなので、注文はやっぱりナポリタン(目玉焼きのせ950円)。

モチモチの太麺にねっとりと絡む濃厚なケチャップソース…昭和の味がします。
そういえば以前の店では海老は入っていなかったような…お値段もたしか750円でした。
さくらの百貨店が倒産したことでなくなったお店が、こうして新たな装いで復活を遂げる…良い話です。
仙台の顔として、ぜひ頑張ってもらいたいものです。

201711180012resa.jpg

201711180014resa.jpg

201711180013resa.jpg

201711180015resa.jpg
※スマホで撮影
※『ハチ』宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅3F 無休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

青森『十三湖本家しじみらーめん』しじみらーめん

青森県の四大ご当地ラーメンというのが、津軽の煮干しラーメン、八戸ラーメン、青森の味噌バター牛乳ラーメン、五所川原市の十三湖のしじみラーメン。
しじみラーメン以外はすべて食べていますが、今回ようやくしじみにチャレンジです。
といっても、十三湖までは行けないので、青森市内にある『十三湖本家しじみラーメン』さんへ。
さて、ほろ酔いの身体にしじみのエキスは効くのでしょうか…。

20時から営業ということで、もろに酔客を狙ったパターンですね。
店主に訊くと、一番人気は『あっさり塩』(850円)ということなので、迷わずそれを。
着丼と同時に、しじみの殻入れが。
スープは澄みきっていますね。
ししみが中央に、その周りにわかめ、ねぎ、麩、チャーシュー、煮玉子が並び、なかなかのビジュアル。
スープを一口すすると、しじみの風味が口いっぱいに広がります。
いや~、効きますね。
磯の香りとさっぱりしたスープが抜群です。
麺はちぢれた細麺ですが、スープに良くなじんでいくらでもいけそうです。
疲れにも効き目があるしじみのスープ、殻を捨てながらしじみを食べつつ、すべて飲み干して店を出ました。
完食でした。

20171118004resa.jpg

20171118001resa.jpg

20171118002resa.jpg

20171118003resa.jpg

20171118005resa.jpg

20171118006resa.jpg

20171118007resa.jpg
※スマホで撮影
※『十三湖本家しじみらーめん』青森県青森市本町2-7-23 本町らーめん館内 日休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

仙台『中華そば煖々』まぜそば

職場の仲間と再訪です。
前回、食した醤油そばの繊細な味と、美人の店員さんに参ってしまった店。
今回は人気メニューの『まぜそば』(300g700円)を。

中央に生玉子。
その周りを囲むように白ネギ、青ネギ、チャーシュー、メンマ、海苔、鰹節。
ビジュアルもキレイですね。
これを一気にかき混ぜて、一気に掻き込む。
これぞ油そば、まぜそばの魅力。
濃いめの醤油と油が絡んだ太麺はモチモチの感触。
生玉子もとろとろに絡んできます。
文句なしに「旨い!!!」
これは病みつきになりそうです。
ただ、駐車場が少ないのでクルマでの訪店がちょっと厳しいのが難点。
まぁ、週末に電車で訪ねるとしますか。

※過去レポはこちら。
仙台『中華そば煖々』醤油そば

201711120012rewq.jpg

201711120013rewq.jpg

201711120014rewq.jpg

201711120015rewq.jpg
※スマホで撮影
※『中華そば煖々』宮城県仙台市若林区六丁目字左近掘2-25 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ