家づくりは家族づくり~タマホームを選んだわけ①

自宅をリフォームしようと思って、動き出したのが3月。
仙台から帰省する度に、短い滞在期間でカミさんと二人で工務店やハウスメーカーを巡っていました。

我家の建坪は約30坪。
小さな家です。
第一種住宅地域にあるので、建ぺい率50%、容積率80%の制限があります。
現在の土地に建て替えしても目いっぱいで建坪37坪の家しか建てられません。
都会では決して小さくありませんが、郊外にある団地では小さい部類です。
子供たちも独立して、将来は夫婦二人暮らしになることを考えると家を大きくするのは真逆の発想ですが、もともと狭い家をごく普通にするだけではないか…ということで、最初に思いついたのは建ぺい率・容積率を目いっぱい使った増築でした。

家づくりにあたり最初に決めたことが以下の5点
・リフォーム
・着工は来年
・建坪目いっぱいの増築
・断熱、耐震強化
・間取り、キッチンなどの設備の変更
・外構の変更(クルマ2台→3台駐車)

エクセルで間取りを作成して地元の工務店を回り始めました。
自分たちの希望を取り入れると、費用は1500万超えというのが大方の見積もり。
それだけかけるなら新築にしたほうがいいのでは…というのが結論でした。
…といっても、解体を含めると1500万円で家が建つわけがありません。
これは住宅メーカーを回り始めて実感したことです。

タマホームの展示場は自宅近くにあり、空に浮かぶアドバルーンを見ながらずっと気になっていました。
そもそも住宅展示場というものに行ったことがない我々夫婦です。
タマホームはキムタクが宣伝していることは知っていても、ローコストメーカーだということも知らないというレベル。
そんな何も知らない夫婦が、担当者に案内されて初めて足を踏み入れるモデルハウスのその豪華さに驚くのは当たり前。
こんな家に住めたらなぁ…というのが率直な感想でした。
その日はキッチンや浴室等の設備を含め、少しばかし話をして帰宅しましたが、その後他メーカーのモデルハウスを訪ねるうちに、豪華さでは上には上がいることにすぐ気づきました(笑)。
何しろ、タマホームはごくふつうの家でしたから(笑)。

…タマホームを選んだわけ②につづく

201709110012waetd.jpg
※タマホームのモデルルームで

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

痛かった秋刀魚の味

今が旬のさんま。
この一週間で盛岡と仙台で食しました。

ことの発端はさんまの竜田揚げです。
あまりの美味しさにガツガツ食べたことはいいんですが、それが痛いしっぺ返しになるとは思いませんでした。
…喉に骨が刺さってしまったのです(笑)。
珍しいことではないので、すぐに取れるものと思っていましたが、三日経っても取れません。
水を飲んでも食事をしても、喉を通過するときに続くチクチクとした痛みと違和感。
さすがにこれはまずいと思い、仕事が終わってから耳鼻咽喉科へ。
アーと声を出して舌を出したり、顎が外れるほど大口を開けたり…。
結果は見える範囲では見つからないということで、何とその場で大学病院の救急外来へ回されることになりました。
何だか大げさじゃないの…と思いましたが、先生曰く、「化膿して大変なことになることもあるので」。

さて、大学病院ではファイバースコープを鼻から通し、さんざん探してようやく発見。
尖端に付いた器具でつまんで除去しました。
モニターを見つめる若くてキレイな女医さんと看護師さんが、見つけた時に口を揃えて「あった!!」と言ったのが可笑しかったですね。

私を苦しめた張本人は長さ1センチくらいの小骨。
今となってはお笑いですが、これでようやく安心です。
それにしても今が旬の秋刀魚。
安く美味しく食べることができる秋の味が、痛く、高くつきました。

20170914001trds.jpg
※スマホで撮影/さんまの竜田揚げ

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2017/09/15 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

『工事請負契約に関する一部変更合意書』を交わす

来年1月の着工に向けて、工事請負契約書を交わしました。
ここから変更すると、図面変更料として20万円の違約金が追加になります。
これを交わしてようやく着工が動き出すという感じです。

さて、ハンコを押してから改めて契約書を眺めていると、何と間違いを発見。
図面の1階洋室7.5帖の北側の窓がなんだか違う。
本来なら採光基準をクリアするために、1620×2000の掃き出しの引違窓のはず。
図面は1570×1100の引違になっている。
(なんだこりゃぁ…)と思いながら、営業担当者に連絡。
「20万円は払わないからね」…と言いながら、設計ミスを認めさせて、電話を切った次第。

この先大丈夫かいな…
まぁ、自分で選んだハウスメーカーだから仕方ないなぁ…
…というのが、最近の小話です(笑)。

ところで、今回お世話になるハウスメーカーはローコストで有名なタマホームさん。
ちょっとばかし住宅のことを詳しい友人や親類縁者にこの話をすると、皆「えっ」という顔をしますね。
どうやらタマホームは安かろう、悪かろうの認識みたいです。
訴訟だらけの欠陥住宅だろうと言う人もいた。
…と言いながらも、そんな人たちは皆、タマホームで建てたわけではないのだから、余計なお世話ですけど。

今回、地元工務店や有名HM等、ハイコストからローコストまで様々な住宅メーカーに足を運んでタマホームに決めたわけですが、この選択は間違いでなかったと今のところ思っています。
もっとも、家づくりを決めるまでタマホームの予備知識はまったくなく、キムタクが宣伝している有名な住宅メーカー程度しか知らなかったですね。
もちろん、ローコスト住宅の代表格だということも知りませんでした。
→(結論から言って、ふつうのレベルにするならタマホームは決してローコストではない)
ネットでは競合メーカーや業者からの悪評カキコミが溢れているタマホームですが、年間一万棟を超える施工実績がその人気を物語っています。
タマホームを選んだ経緯は追々書くことにし、今週末に帰省して、クロスや照明等の内装と外構を含めた打ち合わせをする予定です。

20170911007waetd.jpg
※画像/旭トステムのサイディングサンプル

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ

利府『伊藤商店』白の中華そば&温玉丼

朝7時からの"朝ラー"が人気の店。
ランチタイムも盛況です。
いつもは一番人気の「金の中華そば」ですが、今回は背油入りのこってりスープがウリの「白の中華そば」(710円)をチョイス。
空腹だったので、ついでに温玉丼(190円)も追加。
炭水化物セットはいかん、いかん…と思いながらも、誘惑には勝てない我が身です(笑)。

さて、白の中華そばですが、こってりと言いながらもそれほどではありません。
むしろあっさりした醤油ベースに背油が浮かんだ感じ。
モチモチした太麺との相性もいいですね。
温玉丼は醤油を少し差して、一気にかき込みました。
スープも大方飲んでしまい、屋号のマルヤがはっきりと。
いや~、いかん、いかん(本日二度目・笑)

20170911001waetd.jpg

20170911002waetd.jpg

20170911003waetd.jpg

20170911004waetd.jpg

20170911005waetd.jpg

20170911006waetd.jpg
※スマホで撮影
※『伊藤商店利府店』宮城県宮城郡利府町神谷沢新宮ヶ崎72-1 水休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

映画『関ヶ原』原作を読んで映画を観る

原田眞人監督『関ヶ原』を観てきました。
原作は司馬遼太郎。
かれこれ20年前に読んだ作品です。
すっかり忘れていたのですが、細部まで描かれた合戦描写は原作に近いところ。
観ていくくうちに、原作を思い出しました。
関ヶ原の戦いは司馬遼太郎ばかりでなく、これまでも数々の小説や映画、TVで取り上げられています。
今更、映画かぁ…と思わないでもなかったんですが、結論から言って観る価値はありました。
ちょっと出過ぎの感がある役所広司や岡田准一といった配役もなかなかでしたが、収穫は島左近役の平岳大。
平幹二郎の息子さんですね。
いわゆる武将顔というのでしょうか、オヤジさんに顔もそっくりです。
そして、有村架純。
毎日、朝ドラを見ていますが、カワイイし、存在感がありますね。
スケールの大きな合戦シーンを始め、製作費も相当なものだったと思いますが、最後までたるむことなく楽しめました。

201709100010rewa.jpg

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

[ 2017/09/12 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

郡山『中国麺飯酒家包龍』旨い中華で酔う

この店、隠れた名店ではないでしょうか。
郡山の夜の街、乾いた喉を癒すために偶然飛び込みました。
従業員は中国?の方たちばかり。
名物の餃子を中心に勧められるまま注文。
どれも文句なしに旨い!!

特に本日のおすすめにあった牡蛎の炒め物は絶品。
ピリ辛、甘酢のあんかけ野菜はたっぷり。
揚げた牡蠣は中がじゅわ~。
うーん、思い出してもヨダレが出そうです。
そして、唐揚げですが、これは2人には多すぎて食べ切れません。
飲み放題のビールをたらふく飲んで店を出ました。

安くて美味くて、言うことなしです。
郡山の出張ではとっておきの店になりそうです。

20170910003wqa.jpg

20170910004wqa.jpg

20170910005wqa.jpg

20170910006wqa.jpg

20170910007wqa.jpg

20170910008wqa.jpg

20170910009wqa.jpg
※スマホで撮影
※『中国麺飯酒家包龍』福島県郡山市大町1-3-6 日・12/31休

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

 

原発性アルドステロン症 術後3年

連日の雨が続いた8月から、今月に入ってようやく夏が戻ってきた仙台です。
昨日から『定禅寺ストリートジャスフェステバルin仙台』が開かれています。
散歩がてら観てきました。
そういえば、3年前の今日は、このジャスフェスを病床のテレビで見ていました。
原発性アルドステロン症の術後3年が経ったんです。
あっという間の3年だったような気がしますね。

さて、現在の状況ですが、血圧は上120下80台を維持しています。
140-90のラインを超えることはほとんどないですし、手術の翌日から降圧剤は飲んでいません。
人間ドッグで糖尿病予備軍を指摘されている以外は、五十肩や持病の痔を除いて体調はいたって良好です。
手術をするまで、あれだけ苦しんだ体調の悪さもまったくありません。
自分が片側副腎になったことさえすっかり忘れています。

大学病院へは検査も含めて行っていません。
単身赴任生活はまだしばらく続きそうなので、次の赴任地への病院の紹介状もまだ先になりそうです。
ともあれ、今は手術をしてほんとうに良かったと思っています。
次の一年に向かって無理せずに過ごそうと思います。

20170910002wqa.jpg

20170910001wqa.jpg
※スマホで撮影 仙台 

★メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ

いつまで続く、せわしい日々…

夏休みが終わってから、いつになくせわしい日々が続いています。
青森、東京、八戸、郡山、秋田、大宮、そして函館の出張と来て、今日から東北北部を周る5日間。
ブログを更新する余裕もなくなってしまったのが正直なところです。
画像がたまる一方なんで、何とかしたいと思いつつ、疲れて帰宅する毎日に優先順位が下がってしまっているのが正直なところ。

さて、てっきり五十肩だと思っていた左肩の痛みは、筋の炎症のようです。
消炎剤を飲んでいますが、今のところ効果がありません。
次の治療はクスリを変えるか、注射になるのか…という感じです。

そして、佳境に入っているマイホームづくりですが、来週末に帰省して照明やカーテン、電気工事、外構の打ち合わせです。
しばらくバタバタとした日々が続きそうですが、北朝鮮のミサイルが飛んでこないことを祈りつつ、過ごしたいと思います。

20170904001eaw.jpg
※スマホで撮影 函館

メインサイト「琺瑯看板探検隊が行く」もどうぞご覧ください★

↓♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

[ 2017/09/04 ] 日記 | TB(0) | CM(0)